あなたは筋トレやってますか?

 

確かに筋トレしてパワーがつくとバスケのあらゆる面でプラスになります。

 

 

が、やり方を間違えてしまうとどんどんバスケが下手になります。

 

プラスになると思っていた筋トレのせいでバスケが下手になっていた?

今までの努力と時間はなんだったんだ….

 

 

あなたが絶望しないためにも筋トレをするうえで

絶対に知っとかなければならないことを教えます。

 

筋トレはバスケにおいてプラスになる

 

 

勘違いしてしてほしくないのですが僕は筋トレを全否定するつもりはありません。

筋トレをすればバスケが上手くなるのは事実です。

 

筋力がつけばより軽い力で動けるようになるからです。

筋トレをして筋力が上がることで

 

  • シュートの飛距離が伸びる
  • パスのスピードが上がる
  • ドリブルが強くつけるようになる
  • 高く跳べるようになる
  • 接触に強くなる

 

などなどたくさんのメリットがあります。

 

このように全ての面で良いことづくしのように見えますが

筋トレには落とし穴があるんです。

 

 

筋トレは間違ったやり方だとバスケが下手になる

 

 

筋肉の性質として力が抜けた状態と力が入った状態をリズミカルに繰り返すことによって、

血液が循環し柔らかくなるというのがあります。

 

走る、跳ぶといった人間の自然な動きは必ずこの力が抜けた状態と力を入れた状態を

繰り返す動きになっています。

 

 

ジャンプするときはしゃがむ(力を入れる)→跳ぶ(空中で力が抜ける)。

走るときは地面をける(力を入れる)→足が後ろに振り出される(力が抜ける)。

 

 

必ず力を抜いた状態である弛緩、力を入れた状態である緊張が繰り返されると

筋肉はドンドン柔らかくなり、やればやるほど動きのキレが出てきます。

 

 

一方、筋トレはどうしても力が入ったままの状態が続くことになるので

どうしても筋肉は硬くなります。

 

ベンチプレスとか腕立て伏せをやってみれば分かりますが

動作中はずっと力が入ったままです。

 

力を抜いてしまうとベンチプレスはバーベルが胸に落ちるし、

腕立てはべちゃっと床につっぷしてしまいます。

 

 

 

僕も経験があるのですが筋トレの後って全然思うように体が動きません。

ベンチプレスや腕立ての直後にシューティングをしてみると全然腕が走らないし重いです。

ボールが全く思うように飛びません。

 

 

これは筋トレで筋肉が疲労し、硬くなるためです。

 

筋トレをしてそのままほっとくと筋肉は固いままになってしまい、

キレが落ちたり柔軟な動きができなくなってしまいます。

 

その結果筋肉はついたけど、キレや柔軟性がなくなりパフォーマンスが落ちるというわけです。

 

「筋トレして確かに筋力はついたけど体は重くなったし、なんか前よりケガするようになったな」

 

という声が上がっていたりしますがこれは筋肉が硬くなり、柔軟性・キレが落ちたからです。

 

 

筋トレしたら硬くなった筋肉を柔らかくしなければならない

 

 

先ほど書きましたが筋トレすると筋肉が硬くなります。

筋肉が硬くなると動きの柔軟性、キレがおちます。

それをそのままほっとくとどんどん筋肉の状態は悪くなりパフォーマンスは下がっていってしまいます。

 

なので筋トレをしたあとは硬くなった筋肉を柔らかくしなければいけません。

 

じゃあどうすれば筋肉が柔らかくなるの?って話ですが。

 

先ほども書いたように筋肉は弛緩と緊張をリズミカルに繰り返すことによって血液が循環し柔らかくなります。

 

つまり筋トレをしたあとは弛緩と緊張をリズミカルに繰り返す運動をすればいいんです。

そうすれば硬くなった筋肉を柔らかくすることができ筋肉を良い状態に保てます。

 

具体的には

  • バスケ
  • インターロック
  • ダンス
  • ダッシュ
  • ジャンプ

 

などをやってください。

これらの運動は筋肉を柔らかくしてくれます。

 

筋肉を柔らかくすることでキレや柔軟性を維持したままパワーをつけることができます。

 

ジャンプアタックの著者でマイケルジョーダンのトレーナー、ティムグローバーは

トレーニングをした後はバスケをして鍛えた筋肉をバスケ用に教育することが大事だと言っていました。

 

これはもちろんバスケ用に教育する効果もありますが

硬くなった筋肉に柔軟性とキレを戻す効果もあります。

 

 

筋トレして筋肉は大きくなったしパワーもついた。

でもバスケが上手くなった気はしない。

むしろ下手になった気がする。

 

 

もしあなたがそんな悩みを抱えているなら、

それは筋トレの後に筋肉を柔らかくすることをしていないからかもしれません。

 

 

筋肉の柔軟性を保たないまま筋肉をつけても逆効果になる。

あなたがもし筋トレをしているならこのことは絶対に忘れてはいけません。

 

 

じゃないと筋トレをやればやるほどバスケが下手になり、

今までの努力は何だったんだと絶望する羽目になります。

 

 

 

まとめ

  • 筋トレをするとパワーがつきボールや身体を軽く扱えるようになる
  • 一方で筋トレには筋肉の硬化というデメリットもある
  • 筋肉が硬くなると柔軟性・キレがなくなりバスケは下手になる
  • 筋トレをした後は筋肉を柔らかくする動きをして筋肉の柔軟性、キレを保たなければならない

 

筋トレをしたら筋肉は硬くなる。

硬くなった筋肉を柔らかくしないとどんどん動けない身体になりバスケが下手になる。

 

これ知らないと筋トレをしてもそのメリットではなくデメリットばかりが増幅してしまいます。

 

せっかく筋トレしているのにバスケが下手になり続けるって空しすぎます。

 

あなたが筋トレしているなら今回の記事で書いたことは頭の中に刻み込んでください。

じゃないと一生無駄なトレーニングを続けることになりますから。

 

P.S

 

ちなみに僕は今は、筋トレは一切やめています。

ここまで書いといて何なんですけど。

 

確かに筋トレしたらパワーはつきますけど筋肉がどうしても硬くなるので。

この硬くなった筋肉を柔らかくするためにはすごい時間がかかります。

 

バスケやってたらバスケに必要な筋力は身につきます。

僕はスリーポイントのラインから1mくらい下がった位置からでもスリー打てます。

ディフェンスにカットされないスピードでパスを出すこともできています。

そんな簡単には当たり負けもしません。

 

筋トレを一切してないのにです。

 

バスケとこのブログで書いているインターロックやダンス、坂道ダッシュ、ボックスジャンプで

バスケに必要なパワーは十分つけられます。

 

筋トレすれば確かに軽い力で動けるようになります。

 

でもそれ以上に筋肉が硬くなってしまい、

それを柔らかくするための労力を考えるとメリットよりも

デメリットのほうがでかいと感じています。

 

 

僕は大学の部活の時は週2でウェイトをやってたんですが

そのときは体のキレやスピードが落ちていました。

 

そこから部活をやめてウェイトをやめると、今までで一番体が動くようになりました。

 

とにかく大切なことは筋トレやったら確かにパワーはつくけど

同時に筋肉が硬くなって柔軟性やキレが落ちるというデメリットがあるということを知っておくことです。

 

 

これを知っておくことで筋トレによってパフォーマンスが落ちることを防ぐことができます。

 

 

あなたがもし筋トレをやるというのなら、硬くなった筋肉を

柔らかくしないといけないということを絶対に忘れないでください。

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。