「俺はどうせ速くないし」

「俺はどうせ跳べないし」

「俺はどうせ動きにキレないし」

 

「身体能力よりもバスケのスキル上げよ」

 

 

とか言ってまさかあなた身体能力を上げることから逃げてませんよね?

 

 

そんな甘い考えじゃ一生下手な選手のままで終わります。

一生上手いやつに勝てないままバスケ人生終了しちゃいます。

 

身体能力上げないといくら技術、スキルを磨いても無駄です。

身体能力が低いままだとどうしても限界があるし上のレベルに行けません。

 

スピードがある、キレがある、高く跳べる、当たり負けしない…

だからこそスキル、技術が生きてきます。

 

今よりもスピードがあったら、キレがあったら、ボールを軽く扱えたら、

高く跳べたら、ボディバランスがあったら。

 

上手くなりますよね?

 

身体能力が上がれば。

今のスキルにスピードやパワー、キレがプラスされれば。

 

上手い選手がコートで見ている世界が分かるようになります。

 

身体能力が低ければスキルは役に立たない

 

クロスオーバーができても遅ければ簡単に相手に止められます。

レイアップでもジャンプ力が無いと簡単にブロックされます。

ボディバランスがないとちょっとした当たりで簡単に体勢を崩されます。

遅いパスしか出せないんじゃフリーを見つける視野持ってても簡単にカットされます。

 

 

身体能力が低いと技術をいくら磨いても役に立たないし上手いやつには勝てません。

 

身体能力が高い選手と身体能力が低い選手がバスケで勝負する。

 

 

例えるなら車のレースでF1マシンと軽自動車で勝負するのと同じようなもんです。

 

どれだけ運転技術が高くてもスピードが絶対的に違いすぎるので

軽自動車がF1マシンに勝つのは200%無理です。

 

 

ほら、上手いやつって身体能力高いでしょ?

 

スピードもなくて高く跳べなくて動きにキレがなくてボディバランスもない。

なのにバスケめちゃくちゃうめえ…

 

僕はそんな選手見たことないです。

 

上手い選手は身体能力が高いうえにバスケのスキルがあるから上手いんです。

 

スピードがあってドリブルスキルもあるから相手を抜ける。

レイアップも高く跳べるからブロックされない。空中で相手をかわせる。

ボディバランスがしっかりしてるから当たり負けせずにプレーできる。

小さいモーションで速いパスを出せるからディフェンスにカットされない。

 

高い身体能力が土台になっててそこにバスケのスキルが乗っかるから高いパフォーマンスができます。

身体能力あってこそのスキルやテクニックです。

 

 

NBA選手ですら、身体能力が落ちるとパフォーマンスが落ちます。

特に歳をとってしまって若いころのように身体が動かなくなれば。

引退するしかありません。

 

身体能力がなくても、バスケが上手くなれる?

確かにそんな方法があれば魅力的でしょう。

だって今のままで上手くなれるってことですから。

 

しかし、ただの絵空事です。

 

身体能力が高いからこそ、高いパフォーマンスを発揮できる。

ここから目を背けている限り、引退するときまで

上手いやつにボコボコにされて終了ですよ?

 

 

身体能力の差=パフォーマンスの差

 

身体能力上げることから逃げてるとどれだけスキルを磨いても上のレベルには行けません。

 

バスケにおいて身体能力の差はパフォーマンスの差に直結します。

日本人選手とNBA選手を比べたらわかりますよね。

 

 

 

これだけ身体能力に差があったら日本人がNBA選手に勝つなんて100万年早いです。

 

わかりますか?

 

バスケでは身体能力が低いと勝てないことが。

 

身体能力がなければどれだけ技術を磨いても無駄なことが。

 

 

 

技術で負けても身体能力で勝てれば勝てる

 

いくら相手よりバスケのスキルで勝ってても身体能力で

負けていては勝つことは難しいです。

 

 

ドリブルで相手の逆をつけてもスピードがないからすぐ追いつかれたり。

フェイントで相手を下がらせてもシュートモーションが遅いからブロックされたり。

 

でもその逆。

 

相手よりバスケのスキルが無くても身体能力で勝てれば勝てます。

 

レッグスルーからビハインドバックとか、クロスオーバーからロールとか。

そんなのできなくても絶対的なスピードさえあれば緩急の差や単純な一回の切り返しで抜ます。

 

ジャンプシュートにしてもモーションにキレがあって速ければそれだけで反応されにくいです。

フェイント使わなくても最小限の間合いさえあれば簡単にシュートを打てます。

 

バスケは相手よりも身体能力で勝ってれば勝てるんです。

 

スキルで負けていも。

 

 

レベルが上がるほど身体能力の重要度は増す

 

上のレベルになればなるほど身体能力がないと通用しません。

身体能力が低いままだとあなたは必ず壁にぶち当たります。

 

レベルが高くなるほどプレーは速くなり、強くなり、高さが必要になるからです。

スキルだけに頼るのには限界があります。

 

さっき上げたウェストブルックの動画見ても難しいドリブル突いてません。

緩急の変化、単純の一回の切り返しで抜いていってます。

 

レベルが上がるほど自然とプレーはシンプルになっていくんですよね。

相手が高いレベルだと余計なドリブルやフェイントはミスのもとになりますから。

 

NBAでもそんな小難しいテクニックとか使いませんよね?

 

ほとんどがシンプルなプレーです。

 

シンプルなプレーでも相手を抜いたり、シュートを決めたりできるのって

高い身体能力があるからです。

 

相手より速い。相手より強い。相手より高く跳べる。

 

だから小手先の技術に頼らなくても圧倒的なパフォーマンスができる。

 

 

レベルが高くなるほどスキルだけに頼れなくなります。

土台として高い身体能力がないと通用しないんです。

 

 

本気で上手くなりたいなら。

本気で上のレベルに行きたいなら。

 

 

身体能力を上げることから逃げちゃいけません。

 

絶対にです。

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。