「neymar」の画像検索結果

 

バスケやってると、辛いことやしんどいことはたくさんあります。

 

思い通りにプレーできなくてイライラしたり。

ミスしまくって、そんな自分に腹が立ったり。

自分は本当に上手くなっているのかっていう不安を抱えたり。

 

僕もそういう苦しい思いを何度も味わってきましたし、

今でも苦しい思いだらけです。

 

そういうときはバスケするのが本当に辛いし、しんどい。

 

そんなとき僕はネイマールの次の言葉を思い出し、自分に言い聞かせます。

 

 

日によっては(シュートしたら)ボールがすねに当たるときもある。

たとえ一日中試合をしたとしてもゴールが決まらないこともあるんだ。

あるときは天国にいるようだし、またあるときは地獄にいるようだ

 

 

バスケが上手くなるってのは簡単じゃありません。

苦しいし、しんどいし、時間もかかります。

 

試合で全然シュートが決まらない。

何度もパスミスして相手にボールをカットされる。

ドライブで相手を抜けない、止められてボールを奪われる。

 

そのたびに挫折感、無力感、苛立ちを味わいます。

まさに地獄の苦しみです。

 

でも、それでも。

 

諦めずにバスケをし続ける。

 

自分の頭で、上手くなるにはどうすればいいか必死に考える。

上手いやつにボコボコにされながら、何十回・何百回とミスしながらも上手くプレーする感覚を

自分の身体にしみこませていく。

 

 

それを続けていれば、必ず上手くなります。

少しづつ、できなかったことができるようになっていきます。

 

入らないシュートが入るようになったり。

目の覚めるようなアシストパスが出せるようになったり。

ドライブで相手をズバズバ抜けるようになったり。

 

そのときに感じる達成感とか、自分の理想のプレーに少しでも近づけた喜び。

自分より上手いやつと勝負できるようになる楽しさってのは。

 

天国にいるかのような至福のときです。

 

 

バスケをやってれば、しんどい思い、苦しい思いを味わうのは当然です。

むしろ楽しさ、喜びよりもそういうつらいときのほうが圧倒的に多い。

そんな簡単に、短時間でバスケが上手くなるわけありませんから。

 

それでも諦めないことで上手くなり、大きな喜び、楽しさを味わうことができます。

 

あのネイマールですら地獄の苦しみを味わいながらもサッカーをしてる。

それでもプレーし続けていれば、天国の喜びを味わえることを知っている。

 

挫折しそうになる度、ネイマールのこの言葉を思い出して自分に言い聞かせてください。

 

 

僕自身、この言葉には何度も救われましたから。

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。