神とも呼ばれたマイケルジョーダン。

 

今日の記事ではジョーダンのような得点能力を身につけるためには

何を磨けばいいかを書いていきます。

 

「試合で点が取れない」

「もっと点をとれるようになりたい」

 

ジョーダンのプレーを見れば、なぜあなたの得点が伸びないかが分かります。

同時に彼がどうやって点を取っているかを知れば、あなたの得点力は上がるでしょう。

 

ジョーダンの点の取り方

 

ジョーダンといえば尋常でない身体能力を使ってドライブやダンク、

空中で相手をかわすダブルクラッチで点を取りまくるイメージが強い人も多いと思います。

 

しかしジョーダンの得点を大きく支えていたのはミドルレンジからのジャンプシュート。

ミドルシュートを高確率で決められる選手は毎試合得点を量産することができます。

 

スリーはどうしても波があるし、ドライブからレイアップというのは相当体力を使います。

 

安定してミドルを決められるようになるとスリーほど調子の波は激しくないし、

体力も温存しながら点をとれるようになれるのです。

 

 

 

スクリーンを使ってフリーになってシュート。

もしくはジャブステップやシュートフェイクからワンドリブルしてシュート。

 

こういったミドルシュートを中心にジョーダンは得点を重ねます。

 

そしてシュートに行くまでフルスピードで動いているわけではありません。

余裕をもってスピードを少し落としてプレーしてますよね。

 

それでもスクリーンにディフェンスをひっかければ、あとはキャッチしてシュートを打つという

すごい単純な動きで点をバンバン取ることができます。

 

 

そのまま打てなくても、ボールをもらう前に相手とのずれができているので

ちょっとしたフェイクで相手を大きく崩すことができています。

 

こういう省エネのプレーをうまく利用することで精度の高いプレーを続けることができます。

 

極端な話すべてのプレーでマックスのスピードを出していては、

すぐにバテて、プレーの精度は確実に落ちます。

 

すぐに疲れてしまうとディフェンスは甘くなるわ、

スピードが落ちて相手に止められるわでボロボロになります。

 

 

余談ですがデリックローズやウェストブルックは電光石火のフルドライブでガンガン点を取ります。

でも、試合全体を通して見てみると何もしていない時間や歩いているような時間もかなり多いです。

 

逆に言うと自分のプレーの精度が落ちるほど疲労するプレーを多用するなってことです。

 

スクリーンを使って6,7割のスピードでフリーになってシュート。

ワンドリブルからのジャンプシュート。

 

これらはドライブからのレイアップよりも体力を使わないしヘルプディフェンスの影響も少ない。

 

圧倒的に楽な点の取り方なんです。

 

ミドルシュートが入ると、相手はシュートを

警戒しないといけないのでドライブも簡単になります。

 

ジョーダンは決して最初からシュートが上手かったわけではありません。

NBAに入った時は身体能力を生かしたドライブからの得点が多かった。

 

でも相手がそれを警戒して離れて守るようになった。

ドライブだけを意識している相手を抜くのは簡単じゃありません。

 

 

そこからジョーダンはシュートを鬼のように磨きます。

 

シュートが入るとディフェンスは離れて守れなくなる。

相手はシュートとドライブの両方を頭に入れてディフェンスしないといけない。

 

間合いができればシュート、詰めてきたらドライブ。

 

シンプルですがこの駆け引きができるから、

ジョーダンは毎試合高得点をたたき出しました。

 

 

つまりジョーダンの得点力が高かったのは

 

ミドルシュートの精度が抜群に高く、相手との駆け引きにおいて

常に有利に立てていたからと言えます。

 

 

じゃあ試合でミドルシュートを決めるために何をすればいいのか?

そのために必要なのが次の2つのことです。

 

 

フリーになる技術を磨く

 

ジョーダンはボールをもらう前にスクリーンを使ったりしてフリーを作っています。

 

そしてそのままキャッチアンドシュートで点を取ったり。

 

遅れてついてきたディフェンスに対してシュートフェイクや

ジャブステップでディフェンスを更にずらし、マークを外してシュートを打ちます。

 

ディフェンスが自分にべったりついている状況と遅れてついてくる状況。

 

明らかに後者のほうが1対1は簡単になります。

 

 

ディフェンスが自分につくのが遅れていれば

そのままシュートを打ってもいい。

 

ディフェンスは詰めないといけないのでシュートフェイクや

ジャブステップに引っかかりやすくなります。

 

 

ディフェンスのレベルが高くなるほどべったりつかれた状態からでは

シュートも打ちにくくなるし、簡単には抜かせてくれません。

 

 

だからボールをもらう前にフリーを作る動きが大事になってくるんです。

 

自分のシュートエリアでフリーになってボールをもらうことができれば

得点をとるのはより簡単になります。

 

 

フリーになる技術を磨くにはシンプルですが、

上のジョーダンの動きをとにかく見まくってゲームを繰り返す。

 

 

これだけです。

 

普段から映像を見まくってフリーになる動きを脳にインプットし続ける。

そうするとゲームの中でフリーになるための動きが瞬間的に閃くようになったり、

体が勝手に動いてフリーを作れるようになります。

 

 

シュートを落とさない

 

 

当然ですがいくらフリーになっても打つシュートが

入らないのでは意味がありません。

 

 

ディフェンスもあなたにシュート力がないことが分かると

「打たせてもいい」と考えるのでフェイクにも引っ掛かってくれなくなります。

 

 

ではどうすればシュート入るようになるかですが

「入れる」シューティングをすること、ゲームの中でシュートを

打ちこむことでシュートは落ちなくなります。

 

 

シュート力を上げるためには入れる感覚を体に覚えこませることが大事。

 

 

外しまくるシューティングをしてもそれは脳と体に「外す」感覚を

覚えさせているので、何千本シュートを打ってもシュート力は上がりません。

 

なのでシューティングをする際は80%を絶対に切らないように練習してください。

 

 

そして一番シュート力が身につくのは試合の中でのシュートです。

 

いくらディフェンスのプレッシャーがない状況、

試合と違うスピード・リズムでシュートを打っても。

 

試合でシュートを決められる選手にはなれません。

 

 

5対5のゲームの中にしかないリズム、スピード、タイミングで

打ち続けることで本当のシュート力は身につくと僕は考えています。

 

 

ジョーダンのようなミドルレンジを軸にした得点。

 

これをものにできると相手との駆け引きで圧倒的に有利に立つことができます。

 

よりシンプルに、楽に得点できるようになる。

 

 

ミドルシュートが得点力を上げる。

 

そのためにフリーになるための動きを覚える。

入れるシューティングと試合でのシュートの経験値を上げる。

 

 

これを地道に繰り返してください。

 

 

得点力、マジで上がりますから。

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。