日本のスポーツでは育成年代のほとんどを学校の部活で過ごします。

 

しかしこの部活というシステムが多くの選手の才能をつぶしてしまっています。

このシステムが日本が世界でなかなか勝てない1つの要因になっているのは間違いありません。

 部活で発生する「補欠」制度

 

ほとんどの部活ではうまい選手は試合に出ることができますが

下手な選手は試合に出ることができません。

 

 

そうするとうまい選手はどんどん試合経験を積み上達することができます。

 

が、下手な選手はいつまでたっても試合に出ることができず

なかなか上達するきっかけを得ることができません。

 

 

僕も補欠だったときは数分試合に出てミスして怒られて終了、というのを何度も経験しました。

悔しさが爆発しましたし、自分はなんで何もできないんだという無力感に苛まれました。

 

ひどいときはレギュラークラスのみで練習をして補欠組はリバウンドやパス出し、

見ているだけということもありました。

 

 

でもこれっておかしくないですか?

 

スポーツっていうのは実戦経験を多く積むことによって上達します。

下手でも試合を何回も繰り返すことによって少しづつうまくなっていくんです。

 

うまいから試合に出るんじゃなく、下手でも試合に出続けることで上達する。

 

ましてプロじゃないんですから一部の人だけ試合に出れて

他は出れないというのはあまりにも理不尽です。

 

日本の部活というのは一部のうまい選手だけがどんどん上達し、

へたな選手は試合経験が積めないためいつまでもうまくならないというシステムです。

 

 

今は下手だけど試合を100回経験したら上手くなるかもしれないのに補欠の下手な選手は

そういった可能性をことごとくつぶされています。

 

よく強豪校が試合で観覧席で何十人も応援しているのを見ますが才能の飼い殺しとしか思えません。

 

また日本では部活以外にスポーツをできる環境が全然整っていない。

 

アメリカであればストリートやジムで誰もがいつでも

ピックアップゲームをして試合経験を積むことができますが

日本はそうはいかないですよね。

 

 

この補欠システムによって一部の選手のみが上達するので

日本全体のレベルが上がらないんです。

 

多くの選手が才能を飼い殺しにされています。

 

これが部活の補欠システムの一番の問題点です。

 

 

いったいどれだけの選手の才能、伸びしろを潰してきたのか。

 

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。