The-rule-of-80-20

 

 

今日はタイトル通り、上手くなるスピードを4倍にするヤバすぎる法則を

書いていこうと思います。

 

胡散臭いですね笑。

 

けど、これにはちゃんと根拠があります。

 

パレートの法則って言うんですけど。

 

これをテーマに書いていこうと思います。

 

 

 パレートの法則って何ぞや?

 

いきなり「パレートの法則」って言われても知らない人からしたら

何ぞや?って感じですよね。

 

パレートの法則ってのはイタリアの経済学者の

パレートって人が発見した法則です。

 

 

その概要は

 

経済において、全体の数値の大部分は、

全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。

80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。

 

 

  • ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。
  • 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。
  • 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
  • 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
  • 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
  • プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
  • 全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

 

以上wikipediaより引用。

 

つまり成果や結果の80%は原因や努力の20%から生まれる。

逆に言うと努力や費やした時間の80%はさほど重要ではない。

 

これがパレートの法則です。

 

 

 

この法則はマジでヤバイ…

 

僕がこの法則を知ったのは大学生のときのこと。

 

大学の図書館をぶらついてるときにおすすめ図書のコーナーに

ある一冊の本がおいてありました。

 

題名は「あなたの人生を変える80:20の法則」。

 

たまたま目に留まって

 

「人生が変わる?なんかうさんくせー。」

 

そう思いつつも気になった僕はその本を手に取り、

パラパラとページをめくっていきました。

 

 

 

この法則、ヤバイ…

 

読み始めて数分で僕はこの法則のあまりのヤバさに震えました。

 

だってこの法則使ったらバスケが上手くなるスピードが単純に考えて4倍になるから。

 

 

80%の練習はそれほど重要ではなく無駄が多い。

上達に直結しない。

 

だったらその無駄な80%の練習を切り捨てて上達に

つながる重要な20%の練習に集中すればいい。

 

 

そしてできた80%の時間をもっとも重要な20%に集中させる。
20%が80%の結果を出すんだからその重要な20%の練習にのみ集中した場合。

 

80%×5倍=400%になります。

 

あなたが今やってる練習を整理して、本当に上達に直結する練習にだけ的を絞れば。

4倍のスピードで上手くなれるんです。

 

周りが大事じゃない80%の練習に時間と体力を消耗してる間に。

 

 

バスケの重要な20%

 

上手くなるスピードを上げるために20%の重要な練習に集中すればいいのはわかった。

でも、その20%の大事な練習って何なんだよ!?

 

そう思いますよね?

 

僕もこのパレートの法則を知ったはいいけど

同じ疑問にぶち当たりました。

 

 

なので上達に直接つながる重要な練習は何なのか?を徹底的に調べました。

 

 

そしてたどり着いた答えが

 

  • 黒人の身体能力に近づくトレーニング。
  • バスケの本質は駆け引きと判断でありそれを磨くには試合を繰り返すしかない。

 

この2つです。

 

この2つがバスケが上手くなるための一番大事な練習方法。

ここにエネルギーを100%集中投下する。

 

その結果…

 

 

 

上手くなるスピードがケタ違いに上がりました。

 

バスケが上手くなるスピードがどれだけ上がったかってのは

単純に数値化できるもんじゃないですけど。

 

ホント感覚で軽く4倍かそれ以上のスピードで

上手くなってるってのを実感できるくらい。

 

だって高校、大学で合わせて4年くらい部活やって。

そのときはバスケに費やす時間も人生で一番多かったのに(週14時間くらい)。

 

試合じゃ全然思うようにプレーできない。

 

 

それが部活やめてさっき書いた黒人の身体能力に近づくトレー二ングと試合を繰り返すこと。

これに徹底的にエネルギーを投入したら

 

  • 絶対に1ケタしかとれなかった得点が安定して2ケタとれるようになってきた。
  • パスの精度、スピードが上がってアシストが増えた。
  • 前よりも明らかにディフェンスを抜きやすくなった
  • ザルだったディフェンスから相手にシュートを打たせない、抜かれないディフェンスになってきた。

 

部活やめてからは週3時間くらいしかバスケしてなかったから練習量は5分の1くらい。

 

 

なのに圧倒的に上手くなるスピードが上がったんです。

 

練習の効率が死ぬほど上がって最小の努力で最大の結果が出るようになった。

 

 

あなたはいつまで貴重な時間をドブに捨てるつもりですか?

 

バスケができる時間は限られています。

 

いつかはバスケをやめる日が来るし、

普段の生活でも時間の全てをバスケに充てることなんてできません。

 

多くの人にとってバスケができる時間はそれほど多くないはずです。

 

 

その中で周りの奴らよりも速く上手くなるためには。

上達につながらない練習に時間を割いている暇なんか1秒たりともありません。

下手な選手、凡人の選手は特に。

 

 

上手くならない練習を何万時間、何万回やっても。

それは貴重な時間をドブに捨ててるだけです。

 

 

重要な20%である身体能力、駆け引き、判断。

 

ここにエネルギーを集中投下したら…

 

 

あなたの上達スピードは4倍以上になります。

 

 

 

 

P.S.

 

パレートの法則についてはこれに詳しく書かれています。

 

読んだらマジで練習に対する考え方、努力についての考え方が変わります。

 

そしてこの本も大事なことが書いてあるのは全体の20%くらいです笑。

 

けっこう言い回しがくどかったりするんで大事なとこだけ

じっくり読んであとはサラサラーっと読めば大丈夫です。

 

 

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。