黒人の身体能力が高い理由。

 

それはデカい筋肉、運動の時に使うべき筋肉を使ってるからです。

体幹や裏もも、お尻といったアクセル筋といった部分。

 

繰り返し言ってるように

 

黒人は

 

体幹(胸、背中、お尻)は太くて末端(ふくらはぎなど)は細い。

デカい筋肉を使ってるから、大きな力が発揮できる。

 

太ももの裏やお尻の筋肉が太い。

これらの筋肉は身体を前に進ませる、ジャンプさせるアクセルの筋肉。

 

アクセルをフルに使ってるからスピード、キレ、ジャンプ力が

ずば抜けている。

 

 

 

逆に日本人は

 

末端の筋肉が太い。

小さい筋肉で力を生み出そうとしている。

 

太ももの前の筋肉が太い。

これは止まるためのブレーキの筋肉。

 

ブレーキ踏みながら走ったり、ジャンプしようとしてる。

だからスピードが出ないし、燃費も悪くなってすぐに疲れる。

 

 

体幹を使う、アクセルになる筋肉をフルに使う。

 

これができるようになれば身体能力は上がります。

 

じゃあ、どうすればそんな体になれるのか?

 

インターロックとダンスです。

 

この2つで体幹、アクセル筋を使って動くことを体に覚えさせる。

 

身体能力を上げようと思ったら体幹、アクセル筋を使って

動けるようになることが最優先。

 

筋力上げたり、身体の使い方を変えたり。

 

それは軽自動車のタイヤやハンドルを変えるのと一緒。

 

スポーツカーとは根本的なエンジンの馬力の差があるから勝てない。

 

 

体幹とアクセル筋を使えるような身体に変えること。

 

自分のエンジンの馬力という根本的な基本性能を上げること。

そうしないといつまでたっても身体能力の差は埋まりません。

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。