身体にあまり力を入れず、

自分のシュートするポジションをしっかり決めて、

あとは感覚です。

 

 

シュートを打つときに大事なのは感覚。

 

感覚っていうのは、考えない・無意識で動くっていうこと。

 

いちいちボールを構える位置はここ、リリースするタイミングはここ、

構える足の位置はこう、みたいに意識しないこと。

 

人それぞれで、骨格や筋肉のつきかたは違うので、全ての人に当てはまる

シュートフォームや身体の使い方というものは存在しません。

 

NBAのシューターを見ても、フォームはバラッバラです。

レジーミラー、レイアレン、ケビンデュラント、ステファンカリー…

誰一人として全く同じフォームで打ってない。

 

僕も高校のときにすごいシュートが上手い先輩がいたんですけど、

どうやったらそんなに入るんですか?って聞いても、

「別に何も意識してないなあ…ただ打ってるだけ」って言われましたし。

 

日本では、フォームを変えればシュートは入る。

確率が上がるシュートフォームはこれみたいに色んなところで解説されてますけど。

 

シュートが入るようになるためのポイントはそこじゃないです。

意識的に身体を操作しても、余計身体は動かなくなるだけで、シュートが決まるようにはなりません。

 

僕もさんざん、シュートフォームを研究して改造してきましたけど、

入るようにはなりませんでした。

 

辻選手が言うように、大事なのは感覚です。

身体の動きに身を任せて、シュートを何本も打つ。

 

そうやって、シュートを打つときの感覚を体にしみこませる。

腕の使い方や脚の使い方などを意識して、言葉をしみこませてはいけません。

 

 

シュートが入らない原因はフォームにはありません。

 

感覚が磨かれているかどうかです。

 

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。