僕はいっつも身体能力、身体能力って言ってますが。

 

身体能力に頼らないほうが良いプレーができる場合もあります。

 

これは選手のタイプによるでしょう。

 

クリスポールみたいな余裕のあるフィーリングでプレーしたほうが良い人もいれば。

ウェストブルックみたいな身体能力全開!みたいなフィーリングのほうが合う人もいる。

 

 

僕はクリスポールのように余裕をもって、緩急をつけて

プレーしたほうが良いプレーができるなと感じています。

 

あまり身体能力に頼るようなプレーはもうしてません。

 

ですが、身体能力を上げるトレーニングは今でも継続中です。

 

なぜなら、身体能力に頼らないためには逆説的ですが

身体能力が必要になるからです。

 

 

どれだけ身体能力に頼らないって言っても、

ある程度のスピードやキレは必要になるわけで。

 

 

例えばスピードの最大値が100の人と150の人がいるとしましょう。

それで、あるプレーに必要なスピードが100としたら。

 

スピード100の人は全力でプレーしないといけませんが。

150の人は手を抜いても、必要なスピードが発揮できるわけです。

 

 

軽自動車とスポーツカーだったら、時速140kmで走るのに。

軽自動車のほうはアクセルを限界まで踏み込まないといけません。

でも、スポーツカーのほうはそこまで踏み込まなくても出ます。

 

車体にかかる負担もスポーツカーのほうが少ないです。

 

 

つまり、最大値を上げるから、身体能力に頼らなくてもプレーできる。

クリスポールだっていざ見せるトップスピードはめっちゃ速いし、ダンクもできます。

 

 

やっぱり、身体能力を上げることが、上達につながります。

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。