ワールドカップ、日本負けましたね。

 

ベルギーにあそこまで迫った日本代表、スゴかったですし、素直に感動した。

でも、結局ベスト8の壁は破れなかった。

 

ワールドカップの時期になるといつも思う。また始まったって。

 

絶対に負けられない、とか。メンタルがどうとか。

終わったら、これを次につなげろとか。

 

 

いやー、そこじゃないでしょ。

 

問題はサッカーが上手いか、下手かってところでしょ。

メンタル鍛えたら、日本のサッカーができれば、とか。

そんなんで勝てるならとっくに優勝してるわ。

 

 

こんなこと言ったら叩かれそうだけど、ぶっちゃけワールドカップ始まっても。

日本どうせ負けるんやから、応援しても意味ないやん。あるのは落胆だけやでって思ってた。

 

一応断っときますけど、あの舞台に立った選手は本当にスゴイと思うし。

本田、長友、岡崎、柴崎とかは本当に好き。

 

でも、結局は勝てなかったっていう事実がある。

 

 

その原因はやっぱり日本の育成環境にある。

 

小さいころから子供は監督の言いなりになって。

前もって用意した戦術やパターンをなぞるだけの練習をやらされて。

理不尽にキツイ走り込みやトレーニングだけでスキルを磨く時間が減って。

 

そりゃあ勝てませんわ。

 

 

というか世界的にサッカーやバスケのレベルって落ちてる。

昔のブラジルではロマーリオとかロナウドとかロナウジーニョがいたし。

バスケで言ったらジョーダンとかアイバーソンがいた。

 

彼らのプレーはなんというか、引き付けられる、ワクワクする、見たいって思える。

でも、今のサッカーやバスケってそう思える選手が減ったんだよなあ。

 

その原因は世界中が選手を教えるようになってしまったから。

練習メニューとかトレーニングメニューが用意されてて、それに選手をはめ込むみたいな。

 

セルジオ越後さんも言ってたけど、教えられた選手はフィジカルや単なるスキルは身につくけど、

マジックを見せることはできないって。

 

 

でも、日本のスポーツも少しずつ変わってきているとは思う。

サッカーがこれだけ躍進したのは素直にスゴイし。

 

指導者の方の中にも、教え込まないことや自由にプレーさせることが選手を伸ばすことを知っている人が

増えてきていると思うから。

 

でも、まだまだ全体としては変わってない。

 

選手を型にはめて、あれをしろこれをするなと言い。

スキルじゃなくて体力を伸ばすことしか考えない無能な指導者もたくさんいる。

 

僕は日本人でも世界と十分に戦えると思う。

でも、それを可能にするには選手の才能や伸びしろを最大に引き出さないといけない。

 

 

もし、僕が日本のスポーツシーンを変えられるなら。

 

とりあえず、ひたすら試合をやらせる。楽しませる。

走り込みや基礎練習はさせない。

 

もちろん、技術的なアドバイスもするけど、最後は選手に任せる。

とにかく選手の感覚や直感を邪魔しないようにする。自主性を重視する。

 

そして補欠をなくす。全ての選手が試合に出れるようにする。

 

 

そんなふうに環境が変われば、日本からはもっとスゴイ選手がたくさん生まれる。

選手の伸びって環境によって全然違ってくるから。

 

時間はかかるだろうけど。

 

 

いつまで日本の育成環境は選手を潰しまくるのか。

 

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。