無駄な練習をする時間は1秒もない

 

バスケが上手くなりたいなら、バスケの練習(試合)をすればいい。

 

あまりにもシンプルすぎる答えですが僕は口が酸っぱくなるくらい

このことを言っています。

 

個人練習は無駄。

パターン練習は無駄。

バカみたいな走り込み、意味の分からない動きを繰り返すフットワークは無駄。

フォームを意識的に矯正することは無駄。

テクニックやコツを勉強することは無駄。

 

バスケが上手くなりたいなら、

 

何も考えず、試合を繰り返す。

 

バスケ=試合の練習量を増やす。

 

これが最短、最速で上手くなる唯一の方法だし、

これ以上に上手くなれる方法はありません。

 

断言します。

 

 

 

そもそも論として、

 

走らないといけなくなる理由はミスが増えるから。

シュートが入らないから、リバウンド取られて逆速攻を食らう。

パスカット、ドリブルをカットされるから必死に戻らないといけない。

シュート入らない、パスが通らない、ドリブルでボールを取られる。

 

だから走らないといけなくなる。

 

 

だったらスタミナを上げるよりも技術・スキルを上げるべき。

なのに、日本の育成年代って、とにかく走ることに重きが置かれるし。

何の役に立つのか分からない、フットワークとかの意味不明な動きのメニューばっか。

 

 

どれだけ個人練習しても、そこで身につくのは相手がいない状態でのスキル。

実践では何の役にも立たない。

 

パターン練習なんて、いつ・どこに・どのくらいのスピードで動くか決まり切ってる。

ランダムかつ複雑に選手が入り混じるバスケにパターン練習は何の役にも立たない。

 

テクニックとかコツを勉強してもそれがそのまま当てはまるわけがない。

 

 

どれだけ走り込みやフットワークしても試合じゃ使えない。

どれだけ個人練習しても試合じゃ使えない。

どれだけパターンを繰り返したところで試合じゃ使えない。

どれだけバスケの勉強しても試合じゃ使えない。

 

 

試合で生きるスキルは試合でしか身につかない。

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。