バスケって遊びです。

この動画に出てる選手、めっちゃ笑ってるでしょ。

 

歯を食いしばって、ピリピリ、ギスギスしながらやるもんじゃない。

誤解を恐れずに言うと、笑いながら、「どうやって相手を騙してやろうかなー」みたいに楽しむもの。

 

その肩の力が抜けた感じが余裕に繋がり、その余裕が遊び心に繋がり、

プレーのクリエイティブさを生む。

 

部活を引退した後、上手くなったって感じたことのある人は多いはず。

 

それはミスしてはいけない、監督や周りから求められることをしないといけない、勝たないといけない、

みたいなプレッシャーから解放されるから。

良い具合に肩の力が抜けるから。

 

がむしゃらに、全力で、必死に。

 

日本のバスケを見ていて感じるのはそんな印象。

確かに頑張ってる感、一生懸命感はある。

 

 

けど、なんて言うか、楽しくプレーしてる感じがしない。

遊び心がない、クリエイティブさがない。

 

強く言うと、馬鹿正直・クソ真面目なんです。

 

絶対にミスしてはいけない、安全に、無難に、真面目に…みたいな感じ。

 

 

もっと自由に、柔軟に、遊び心を持って、楽しく。

上手くなれない原因って、型にはまりすぎ、ミスにビビりすぎ、真面目過ぎってのも多分にある。

 

安全で堅実なプレーって確かにセオリー、定石ではあります。

けど、裏を返せば、読まれやすいってこと。

 

バスケで大事なのって、相手に読ませない駆け引きです。

 

このタイミングで来るか?そこでパス出すか?

え、パスじゃなくて自分で来るの?え、シュートじゃなくてパスなの?

うわ、ブロックしようと思ったらダブルクラッチでかわしてくるんか!

 

みたいな相手の読みの逆を突くこと、相手が反応できないプレーで出し抜くこと。

これがバスケの本質であり、楽しさでもあるわけ。

 

 

で、この駆け引きって全力で必死に、真面目に、っていうフィーリングじゃできないんです。

 

手を抜いたように、余裕をもってプレーするからこそ駆け引きが生まれる。

 

 

バスケは遊びです。NBA選手も試合中よく笑ってるじゃないですか。

あれくらい余裕があるから、プレーにも遊び心が生まれる、クリエイティブさが生まれる。

 

だから、もっと遊んでほしい。どうやって相手を騙してやろうかなーって。

 

 

そこに上手くなるカギがあります。

 

バスケって続けてると、どうしてもミスしちゃいけないとか。

チームメイトに怒られたくないとか。上手くプレーしたいとか。

 

そういう欲や恐怖に捉われるようになります。

そんで必死に、がむしゃらに、全力でプレーしちゃう。

 

けど、本当にいいプレーができるときって

楽しんでるとき、余裕があるとき、肩の力が抜けてるときなんですよ。

 

 

バスケを楽しむこと、遊び心を持ってプレーすること。

 

あなたは忘れていませんか?

 

 

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。