シュートが入らない、届かない、ブロックされまくる。

ドライブで抜けない、強いドリブルがつけない。

パスをカットされる、パススピードが遅い。

ディフェンスですぐに抜かれる。

 

バスケをやってると、このような多くの悩みにぶち当たると思います。

 

これらの悩みを解決するためのクリティカルな方法をお伝えします。

 

それは身体を変えることです。

 

 

なぜならバスケで直面する問題や悩みは

 

身体能力を上げること。

 

これでほとんど解決するからです。

 

 

 

あれだけ身体が動いたら、バスケ楽しいだろうなあ…

 

バスケが下手だったころ。

何をやっても上手くいかなかったころ。

 

フォームを変える、身体の使い方を変える、テクニックを必死に練習する。

 

どれだけ情報を漁っても、上手くなれない。

どれだけ練習しても、上手いやつとの差が埋まらない。

 

どうして上手いやつらはおれにはできないことを簡単にできるんだ…

使ってるテクニックや動き自体は変わらないのに、何でおれは何もできないんだ…

 

そうか、生まれ持った身体が違うのか…

 

結局、身長があって、スピードがあって、キレがあって、高く跳べて、

当たり負けしないボディバランスがあって、アジリティがあって…

 

 

上手いやつらって身体能力・運動能力が高い。

自分のイメージ通りに身体が動いてくれれば、そりゃあ上手くなるし、楽しいよなあ。

 

 

どれだけシュートを打ちこんでも、モーションが遅くて叩き落とされる。

ドリブルテクニックを練習しても遅いってだけで止められる。

パスを出しても、スピードがないから簡単にカットされる。

相手の動きに反応できないから、ザルディフェンス。

 

 

シュートを決める、相手を抜く、アシストパスを出す、コースに入って止める。

 

できてるんだ、頭の中では。イメージの中では。

 

けど、どうしても、体が動いてくれない。

動きが遅く、キレもなく、高く跳べず、ボールが重い。

 

 

結局はセンス、才能なのか。

運動に向いてない身体に生まれた時点で、上手いやつには勝てないのか。

このまま、下手なまま、妥協してバスケを続けるしかないのか。

 

 

バスケのレベルの差はどこから生まれるのか?

 

身体能力が低い。

たったそれだけで。

 

理不尽なほど、バスケは上手くなれません。

上手い選手には一生勝つことができません。

 

上手い選手と下手な選手、もっと言えばNBA選手と日本人選手。

 

根本的に何が違うか?と聞かれれば、多くの人が

 

身体能力

 

と答えるでしょう。

 

NBA選手が化け物じみたパフォーマンスを発揮できるのは。

並外れた身体能力・運動能力があるからです。

 

使ってるテクニックや動きはそこまで変わらない。

 

けど、スピード・キレ・パワー・高さ・ボディバランス・ステップワーク…

こういった身体能力がずば抜けているから。

 

圧倒的なパフォーマンスを発揮できる。

 

 

身体能力を上げれば、バスケの問題の大半は解決する。

 

あなたが今、バスケで悩んでいること。

 

これは元をたどれば、身体能力に行き着くのではないでしょうか?

 

シュートが入らないのは、ボールを軽く飛ばせないからでは?

モーションが遅いからでは?

 

ドライブで抜けないのはスピードがないからでは?

すぐにボールを取られるのはあたりに弱いからでは?

 

パスがカットされるのはパススピードが遅いからでは?

 

ディフェンスで抜かれまくるのも、1歩目が出ないからでは?

 

 

バスケが上手くなるためには身体を変えないと

どうしようもない、ハ・ナ・シにならない。

 

軽自動車とスポーツカーで勝負するようなもんですから。

 

逆に言えば、身体能力を上げることができれば、

バスケは上手くなるし、上手いやつが見ていた世界を見れるようになります。

 

 

僕自身、身体能力は絶望的に低かったです。

 

ずっと遅いって周りから言われてましたし。

シュートは思いっきり力んで打ってましたし。

当たられたら、すぐに転んでましたし。

パスも少し長い距離になると、ものすごく遅くて、レシーバーの手前で落ちてましたし。

ディフェンスでもザルのように抜かれてました。

 

 

けど、今は違います。

 

速いなー、キレあるなー。

シュートめっちゃ入るやん。

ナイスパス、良いパス来るから速攻でも走りがいあるわ。

当たり強いなー。

ディフェンス上手いなー。

 

そんなふうにいってもらえることも少なくありません。

 

 

もちろん、バスケの経験値が上がったのもあります。

 

でも、それ以上にデカいのはやっぱり身体を変えたからです。

身体能力・運動能力を高めるトレーニングを、もう3,4年続けています。

 

現在僕は24歳ですけど、学生のときより練習量は遥かに減りました。

 

けど、今が一番動けます。

 

 

社会人になってバスケを続けていて、こう感じることはありませんか?

 

もう若い時みたいに動けない。

これからは身体が動かなくなるから、騙し騙しやっていかないといけない。

 

それは自分が勝手に決めた限界です。

 

いつからでも、何歳からでも身体は変えることができます。

 

 

今のあなたを振り返ってみてください。

 

バスケが上手くなれないのは、身体能力が低いからではありませんか?

 

 

僕自身、自分の身体能力の低さが上手くなれない致命的な原因だと気づいた時。

 

そんなん、どうしようもできんやろ。

才能がないやつはずっと下手くそのままでバスケ続けろってことか。

 

心の中に、失望や悔しさ、劣等感がマグマのように湧き上がってきました。

 

 

けど、ヘタクソなままでは絶対に終わりたくない。

何が何でも上手くなって、ボコボコにしてきたやつらを見返してやりたい。

 

その思いから必死に身体能力を上げる方法を調べ、勉強し、

実践して、試行錯誤を繰り返してきました。

 

 

そしたら、コートで見える世界が。

プレーのレベルが、バスケのスキルが。

 

大きく変わりました。

 

 

あなたはバスケが上手くなりたくて。

色んな練習方法やテクニック、コツを調べているのではないでしょうか?

 

もし、それで上手くいっていないというのなら。

 

僕がブログで書いている記事を参考にしてまずは身体能力を上げてください。

身体を変えてください。

 

 

僕自身はもちろん効果を死ぬほど感じていますが。

 

読者の方からも

 

  • 身体がいつもと違ってめちゃくちゃ軽い。
  • 軽い力で動けるようになった。
  • ドライブのキレが上がった、当たり負けしなくなった。

 

 

そのような声を頂いています。

 

 

バスケの問題や悩みのほとんどのは身体を変えることで解決します。

そこが根本的な原因だからです。

 

 

やるかやらないかはあなた次第ですが。

 

やった人間には、必ず大きなメリット・恩恵が受けられます。

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。