最近、バスケがきっかけで知り合った方と飲んできました。

 

僕の2個上の方なんですが、その人は男女関わらずモテます。それもかなり。

 

その理由は「面白いから」です。

 

 

 

自分と付き合うメリットがないと、人はついてこない。

 

その方(以下Kさん)が言った言葉で強く印象に残ったのが

 

「メリットがないと人はついてこない」

 

という言葉です。

 

Kさんは自分の夢を追うために、会社を辞めています。

 

それでも、その辞めた会社の同僚といまだに交流があったり、連絡が切れなかったり。

辞めた人間との関係なんて、切れることも多いのに。

 

また、僕もKさんに飲みに行こうと誘われたとき、絶対に行きたいと思いました。

 

すごいモテるんですよね。

 

この人と一緒にいたい、この人とおったら楽しい、面白い。

そんな方です。

 

しかし、Kさんはその飲みの場で次のようなことを言いました。

 

 

何でおれについてきてくれる人がおるか分からん。

 

自分を慕ってくれる人、繋がりを保ってくれる人、一緒におってくれる人がいる。

けど、それは何かのメリットがないと成り立たない。

 

何のメリットもない人間に他人はついてこようと思わない。

 

じゃあ自分と付き合ってメリットがあるかというとそうは思わない。

 

感情が表に出やすくて、けっこう反感を買う(特に目上の人から)タイプだし。

言いたいことは言うから、衝突することやカドが立つことも多い。

 

でも、辞めたにもかかわらず、会社の人間の中には自分をいまだに慕ってくれる人がいる。

一緒につるめる友達がいる。

 

 

自分からすれば、そんなに良いところがあるわけでもない。

でも、自分との繋がりを大事にしてくれる人がいる。

 

それって何でなんかな?って。

 

 

僕はこう言いました。

 

 

面白い人間に人は集まる

 

確かに付き合ってメリットがある人にしか人は集まりません。

僕は一緒にいるとメリットがあるから、飲みに誘ってもらったとき

 

「行きたい!」

 

って思いました。

 

結局、そのメリットっていうのは一緒にいて「面白いかどうか?」

ここだと思うんです。

 

知り合ってあんま時間たってない僕が言うのも何ですけど、Kさんは面白い人です。

 

冗談を言って周りの人間を笑わせてくれる、楽しませてくれる。

口が悪いところもあるかもしれないですけど、それは自分をしっかり持ってるから。

 

本田圭佑もデカいこと言って叩かれたり、アンチができますけど。

同時にそれ以上にファンやフォローしてくれる人がいます。

 

それと同じで誰にでも良い顔をして、媚びを売るわけではない。

だからこそ、Kさんが持っている人間性に強く惹かれる人は必ずいます。

 

 

僕のこれまでの経験からも、八方美人で誰に対してもいい顔してる人は

何も言わない、何も行動しないくせに心の中で陰口やグチを叩く人が多いですし。

 

優しいし、良い人そうなのになぜか彼女ができない人がいるじゃないですか?

 

 

これって自分をしっかり持ってるどうかだと思うんです。

 

誰に対してもいい顔して、媚び売って、事なかれ主義に走る人は。

確かに嫌われることはないかもしれませんが、同時に好かれることもありません。

 

どうでもいいやつとしか思われないし。

結局お前は何がしたいの?何を思ってるの?としか思われません。

 

僕はKさんと居て楽しいですし、この人と飲みに行ったら絶対楽しいに決まってる。

そう思ったからこそ、今日も来ました。

 

 

本当の優しさ

 

Kさんはさっきも自分で言ってたように少し自分をネガティブに

捉えるところがあるじゃないですか?

 

自分にメリットがあるわけじゃない、みたいに。

 

でも僕はそれってスゴイことだと思うんです。

それって相手の目線に立って考えることができるってことですから。

 

Kさんは確かに口が悪いところもあります。

言いたいことをズバズバいうところもあります。

でも、不思議と全然不快感は感じません。

 

それは自分の弱さを受け止めてるから、地に足がしっかりついてるからです。

 

たまにいるじゃないですか?

 

口先だけでたいしたことないのに偉そうにしてる人。

自分の勝手な正義感や価値観を押し付ける人。

愛のあるイジリや叱責と、ただの悪口やイビリを勘違いしてる人。

自分はスゴイだろ、おれは周りより上だぜアピール・しょうもない自慢ばかりする人。

 

それは相手の目線に立てないし、自分の弱さを自覚できてない。

地に足がついてないくせに口ばかりはデカい。

 

 

けど、Kさんは全然違います。

おれと付き合ってくれて、相手はメリットを感じてるんだろうか?

提供できる価値がそれほどあるわけじゃないのに、大丈夫なのか?

 

そんなふうに自分よりも相手のことを考えられる。

自分の弱さを受け止めることができる。

 

だからこそ、表面では口が悪いとか、でしゃばんなって見えるかもしれないですけど。

内側からは、芯からは相手のことを思う優しさが滲み出ています。

 

 

生きていれば必ず生まれる痛み(劣等感や無力感)を抱えて、

そこに向き合ってるからこそ、共感してくれる人がいます。

 

だから、僕はKさんにメリットがないなんて思いません。

今日もこうして一緒に飲めて本当に楽しいですし、来てよかったと思います。

 

僕以外のKさんを慕う人、一緒にいる人もそれはKさんといるのが

面白いから、楽しいから、尊敬できるからです。

 

 

最近の悩みが一気に解決したわ

 

なるほど、そうなんか。

 

ここ一週間で一番の悩みがそれだったんよな。

何でこんなおれと一緒におってくれる人がおるんか?って。

 

そんなこと人に全然言われたことなかったけど、言われてみたら

これまで自分がしてきたこと振り返って思い当たることがいっぱいあるわ。

 

おれがしてきたことも間違ってなかったって思えたわ。

 

ありがとう。

 

 

とKさんは僕に言いました。

 

と、長くなりましたがここまでが飲みの場での僕とKさんの会話の概略です。

 

バスケでも普段の生活でも。

 

モテる人は面白い人です。

 

コイツと一緒におったら楽しい。

この人と一緒にいたい。

コイツと一緒にプレーしたい。

 

Kさんはそんな魅力にあふれた人ですし、僕もそんな人間になりたい。

 

誰にでも媚売って、衝突を恐れて、何も言わない・行動しない。

そんな人間、選手にはなっちゃダメだと思うし。

 

だからと言って、自分が好き勝手言えばいい、周りなんか一切気にせずに

やりたい放題プレーすればいいっていう勘違いヤローにもなりたくない。

 

 

 

そういや、バスケの話題でも盛り上がったなー。

 

僕「上手いけど下手な選手っていますよね?」

 

Kさん「おるおるw」

 

僕「自分で無理に突っ込んで自滅してくっそーとか言ってるけど

周りから見たら、いや全然惜しくねえから。パス出せよみたいな。」

 

Kさん「そうそう」

 

僕「僕もかつては自分、自分って行ってたんですけど勘違いだって気づいたんですよね。

一人で相撲とっても勝てないし、周りもイライラするだけって」

 

Kさん「そうなんよなー。おれも周り見ながらプレーしてるし無理して

自分が点とらんでもいいって思ってる。」

 

僕「そうやって周りを生かしつつ自分も生きるプレーが出来る人が

本当に上手い選手だと思っていて。若気の至りで自己中になる時期はありますけど、

どっかで卒業せんとチームメイトから後ろ蹴り喰らいますからね笑」

 

 

 

この飲み会を終えて僕が改めてバスケについて感じたことは以下のようなことです。

 

パスを捌くべき時はさばける、周りも見ている。

けど、自分で行くところはしっかり行ききる。

 

この人と一緒にプレーしたら絶対やりやすいし、

面白い、この人とバスケしたいって思えるって選手にならないといけない。

 

 

自分は下手だから、とか、発言できるような実力もないから。

みたいに自分を全く出さない選手は「コイツ何考えてプレーしとんか分からん」

って思われるし。

 

上手くてもそれを勘違いして自滅するやつは一緒にプレーしたいと思われない。

(というかそもそも自分上手いですよオーラを出してるやつにに限って大したことない)

 

 

 

バスケでも普段の生活においてもモテるのは面白い人間。

 

コイツと一緒におりたい、一緒にプレーしたい。

 

そう思われる人が「本当に」バスケが上手い人なんだと。

 

 

P.S

 

やっぱバスケで新しい出会いがある、色んな繋がりができるって最高すぎる。

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。