グラウンドもそうかもしれないけど、“教える社会”だと、そういう選手は生まれない。

教えられる選手というのは、魚で例えれば天然じゃなく養殖。

 

ブラジルを含めて世界中が、レッスンでカラーコーンを立ててやるような時代になってきた。

これはブラジルのサッカーも蝕んでいるし、世界的に言えることじゃないかな。

 

フィジカルがすごい選手はいるけど、マジックを見せてくれる選手は生まれなくなる。

今の“教えられる社会”では、すぐにピッと笛を吹いて

「この場面ではこういったプレーをしなさい」となるから、

どうしてもマジックのようなプレーができなくなってくる。

 

現代サッカーと昔のサッカーは全然違うよ。

 

セルジオ越後

https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160620/458212.html

 

 

バスケもサッカーと同じようにカラーコーンとかテニスボールといった

道具が使われるようになってきています。

 

メニューを組んで、それを教えて、選手は言われたことをただこなすだけ。

 

 

これはバスケを蝕んでいると個人的に思う。

 

僕はアイバーソン、ジェイソンウィリアムスに憧れてたときがあったけど。

 

彼らには何と言うか、スター性があった。すごくワクワクさせてくれる感じ。

オリジナリティとか突き抜けた個性みたいな。

 

もっと前で言えば、マイケルジョーダン、マジックジョンソン、ラリーバード…

 

 

こういう選手って、現代では少なくなってきてるような気がする。

 

確かに上手い、技術はある。フィジカル・身体能力ハンパない。

けどマジックは見れない、みたいな。

 

それはコーンやテニスボールといった道具が相手の練習を繰り返して。

人間が相手の練習が減ったから。

人から言われたメニューをこなすだけの選手が増えたから。

 

 

必死に守ってくる人間を相手にしてこそ、駆け引きや創造力は磨かれるものだし。

教えられた選手は自分でオリジナルのプレーをクリエイトする力を失う。

 

 

これ書いてて、ヨハンクライフの言葉を思い出した。

 

 

私が現役の頃は、サッカーが楽しくて仕方がなかったが、時代が変わったのだろうか?

顔を引きつらせ、拳を握りしめながらプレーする選手は、プレーを楽しんではいないし、

サッカー選手というよりも陸上選手である。私は理想主義者だから、サッカー選手を求める。

 

 

まさにこれ。

 

サッカー選手、バスケ選手って言うより陸上選手、ウェイトリフティング選手。

 

これを進化と言う人も、もちろんいるでしょう。

 

 

でも、僕は退化だと思う。

 

 

現代の科学的なトレーニング・道具を使ったトレーニングは

サッカーやバスケを蝕んでいるんじゃないかって。

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。