テメ―、やる気あんのか!

 

と普通の人なら叫んでしまいそうなプレーですね。

サーブ打って、そのままベンチに行くっていう笑。

 

観客からもブーイングもらってます。

 

まるで、

 

テニスだりー。さっさと終わらせて―。

 

と言わんばかりの無気力さ。

 

しかし、この無気力さこそが

 

キリオスがテニスの才能に溢れまくっていることの証明です。

 

つまり、あなたがバスケをするときも。

 

バスケだりー、面倒くせーっと言わんばかりの無気力さでプレーすることが

パフォーマンスを上げることに繋がるということです。

 

 

は?

 

と思いましたか?

 

こんなやる気のなさが、何で才能に溢れてるって言えるんだよ?

全力でやらないと上手くなれるわけねーだろ?

 

って。

 

けど、そうじゃないんです。

 

僕たち日本人は

 

がむしゃらに頑張ること。

手を抜かず、全力で真剣に、最後まであきらめずにやり抜くこと。

 

これを美徳として、幼いころから刷り込まれています。

サボるやつとか、ふざけてるやつは周りから目の敵にされます。

 

しかし、バスケにおいて良いプレーをするためには。

 

がんばらないこと、がむしゃらさを捨てること。

バスケを諦めること、バスケに飽きること。

 

これが必要なんです。

 

 

ストーカーは犯罪です。

 

がんばる、全力で、真剣に。

勝ちを追い求める。上達を追い求める。

 

一見、良いことのように聞こえますが。

一歩間違ったらストーカーです。

 

女の子にフラれる、断られる。

なのに、おれにはこの子しかいないと考え、付きまわる。

最悪、通報されます。

 

これってバスケにも言えるんですよ。

 

勝ちてええええ!

上手くなりてえええ!

 

って必死に追いかけまわしたら。

勝ちや上達は逃げていきます。

 

ストーカーしても女の子は振り向きませんよね?

 

ストーカーというのは言い換えると、何も見えてない状態です。

自分が嫌われていくだけというのが分からない、見えてない。

相手が自分のことをどう思ってるのか分かってない、見えてない。

 

 

勝ちたい。上手くなりたい。

バスケでの成功をストーカーのように追い回すとますます逃げられます。

 

その強すぎる願望、欲望が。

不必要な力み、焦りを生むからです。

 

上手くなれないと人生終わりだ。

負けたくないって気持ちが強すぎて周りが見えなくなる。

何で、上手くいかないんだ…

 

みたいな。

 

 

僕自身、モテなかったとき、上手くなれなかったときって。

 

一人の子だけしか見えなくなって、この子と絶対付き合いたいみたいに焦って。

嫌われたくないから自然体でいれない、余裕がなくて自爆メールを送る。

 

上手くならないといけない、ミスしたら許せない。

ビビりながら、イライラしながら、キレながらバスケやってた。

 

 

次行こ、次。

 

フラれたり、断られたら、潔く諦めてさっさと次に行けばいい。

その子を好きなことに飽きて、次の好きになった子に行けばいい。

 

行けばいいっていうか、行かないといけない。

執着してたらストーカーになりますから。

 

飽きること、諦めること、さっさと切り替えて次に行くこと。

すると、いいぐらいに力が抜けます。

冷静さ、平常心、視野が保たれます。

 

 

一人の相手に固執せずに、複数人追いかける。

そしたら、別に絶対この子と付き合わんといけんわけでもないし。

一人に嫌われても、他の誰かと仲良くなれればいいやって思える。

 

バスケでもミスしても、良いプレーできてもどっちでもええわ。

そんなふうに、どっちも受け入れられると余裕が持てる。

 

 

そのためには、

 

この子と付き合うとか面倒くせ!

バスケだりー…

 

みたいな

 

無気力さ

 

を持てるかが大事です。

 

 

諦めることや飽きることって。

諦めないことや執着するよりも難しいです。すごく。

 

誰だって、好きな子・魅力的な子が現れたら追いかけたくなります。

上手くいった、上手くいかなかったに固執してしまいます。

 

でも、そこを諦めることができる、結果に飽きることができる人が。

モテるし、バスケも上手くなる。

 

キリオスがテニスが上手くなる才能に溢れていると言ったのはそういうことです。

 

全力バスケから無気力バスケへの転換

 

僕も最近、バスケやるときは無気力です。

バスケだりー、やってらんねーみたいな。

 

仲いい先輩からも

 

オマエ、めっちゃ機嫌悪いじゃん

 

って言われました。

 

本心ではそんなこと思ってません。

バスケ楽しいし、上手くなりたいって思ってますよ。

 

けど、そこから離れないと上手くなれないんです。

焦りや力みが生まれて、余裕を持てなくなるから。

バスケで大事なのってミスしてもいいから、上手くプレーできなくてもいいから

がむしゃらに真剣に全力でやることじゃなくて。

 

 

質の高いプレー、良いプレーをすること。

最高のパフォーマンスを発揮することです。

 

 

無気力に、やる気のない感じでいいプレーができるなら。

がんばるよりもがんばらないほうが良いわけです。

 

 

上手くなることや勝つことを飽きる、諦めることができないと

焦りや力みで盲目になります。

自分も周りも見えなくなる、失明状態です。

 

 

そんな状態でプレーしてもいいプレーはできない。

ストーカーしても付き合えることはないのと一緒です。

 

 

一回、バスケだりーって感じで、キリオスばりの

無気力な感じでバスケやってみてください。

 

 

驚くほど相手やコートの状況が良く見えるようになります。

無理に突っ込んで自滅、無理にシュート打ってターンオーバーっていうのが激減します。

 

 

恋愛にしてもバスケにしても。

 

手を抜く、テキトーにやる。

これって大きなカギですよ。

 

 

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。