そこ通す!?

 

って叫びたくなる変態じみたパスで見るものを魅了するジノビリ。

 

なぜ彼がそんなパスを出せるのか。

 

それは彼が

 

見えている

 

からです。

 

普通の選手では、

 

ここにパスは通らない。パスコースがない。

 

そう思うようなシチュエーションでも。

 

出せば通るということをジノビリは見えるし、知っているんですね。

 

スペースが狭くてフリーに見えなくても、出せるコースがある。

またの下を通せば、足元を通せばパスが通る。

ディフェンスがついてるように見えても、実はボールから目を切ってるから、出せば通る。

 

 

何度もそのようなパスを出し、失敗を繰り返す中で他の選手では

見えないパスコースが見えるようになったんでしょう。

 

マジックジョンソンとかも、そういうパスコースが見えています。

 

以前も書いたと思うんですが、良いパスというのは危ないパスです。

相手のプレッシャーがある中で決定的なアシストを出すためには。

 

ミスと紙一重のようなパスを出さないといけない。

 

ジノビリのパスも少しコースがずれてたら、パススピードが遅かったら。

相手にカットされるような危ないパスです。

 

 

けど、そのリスクがあってもパスを出すから、すごいアシストになる。

 

あなたがジノビリのようなパスを出したいなら。

 

 

彼の動画を見まくって、自分には見えてないパスコースがあることを知る。

 

あとは試合で「ここ通りそう」と思ったら、どれだけ狭くても、

相手に取られそうでも、躊躇せずパスを出しまくる。

 

 

この2つを実践してください。

 

 

 

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。