あーーーー、今日も仕事かあ….

 

就職して、2か月。

 

僕は仕事にやりがいを見いだせないながらも会社員としての生活を送っていました。

そんなある日の朝、通勤途中にあるコンビニで一人の女の子を見かけました。

 

一目見て、「あ、かわいい」と思って。

でもその瞬間、あの子と仲良くなりたいけど、声なんかかけられるわけがない。

 

チキンでビビりだった僕はその子を横目に会社へ向かいました。

 

そして、仕事が終わり、帰宅の道中。

何とその子がまたコンビニの前を通っていました。

 

どうやら彼女と通勤ルート、仕事の時間が被っているようです。

それから、用もないのにそのコンビニへ通うこと1週間。

(ストーカーか!笑)

 

声をかけたいけど、かけれない。

その狭間で二の足を踏んでいた僕でしたが、このままビビってても何も変わらない。

声をかけて、断られても、そのときはそのとき。

 

なるようになれ!

「あの、結構ここで会いますよね?もしかしてこの近くで働いてるんですか?」(震え声)

 

めっちゃ緊張して…足とかも軽く震えてて。

 

「そうですけど…」

 

そこから、仕事の話とか、何買ってんの?とか。

 

どうにかして話をつなぎ。

 

仕事前や仕事終わりにそのコンビニで話すようになりました。

そうしてるうちに段々距離が縮まっていって。

 

1か月くらいたったとき、思い切って連絡先を聞きました。

このときも聞くのが怖くて1か月もかかりました。汗

 

そのとき、「彼氏いるけど大丈夫?」と言われましたが、

彼氏がいないはずはないと思っていたので「大丈夫」と言い、

それからラインしたり電話もするようになって。

 

そんなあるとき、彼女のほうからご飯に誘われました。

彼氏と上手くいってないというのも聞いてたので、それもあったんでしょう。

 

そして、居酒屋でこう言われました。

「もし今、彼氏がいなかったら、付き合ってた」

めっちゃ舞い上がりました笑。

 

それから時々、彼氏には内緒で一緒に遊んだり、それまで以上に会話も弾むようになって。

 

…でもその後、彼女は結局、僕ではなく彼氏のほうを取ったのですが。

 

彼女がいたことがなかった僕にとって自信になりましたし。

 

恋愛でも大きく成長できたなと思えるいい経験になりました。

 

 

現実を変える唯一の方法

お前のナンパ話なんてどうでもいいよ!

 

そんな声が聞こえてきましたが、

もう少し、お付き合いください。

 

僕はこのことから、1つの大事な教訓を学んだのです。

 

それは

 

「行動を起こすことが、唯一現実を変える方法である」

 

ということ。

 

 

声をかけるという行動がなければ、

あの子かわいいなと眺めるだけで終わっていた。

 

でも、思い切って声をかけたからこそ、仲良くなることができた。

 

バスケでも同じでミスを恐れて無難なプレーばかりを選択し、

勝負から逃げてたら、上手くなることなんてできない。

 

どれだけノウハウとかテクニックを頭に入れても。

実際にプレーして身体で感覚を覚えなければ、

いいプレーができるようにはなりません。

 

僕って結構頭でっかちなことところがあって。

バスケにしても、恋愛にしても。

 

上手くいく情報をひたすら探して頭に入れただけで

全然行動量・経験量が足りてなかった。

 

だから、なかなか結果が出なかった。

 

知識や情報を増やしていくことも大事です。

 

大事なんですがそれ以上に行動すること。

 

自分の身体で経験すること。

 

現実を変えるためには

「行動すること」が一番大事なんです。

 

 

成功者の裏側

 

成功者を見るとき、普通は今の姿しか目に入りません。

 

トップアスリート、大金を稼ぐ経営者。

 

彼らを見て、こんなふうになれたらなあ。

と淡い期待や希望を抱きます。

 

でも、成功者というのはその裏で

半端じゃない行動量を重ねています。

 

失敗した経験、挫折した経験も

山のようにでてきます。

 

コービーブライアントなんか1日に6時間練習して。

何回もケガをしてバスケができない日々を過ごし。

チームを勝利に導けず、批判され。

 

それでも自分を信じて、できることをやり続ける。

 

堀江貴文なんかも

 

1日16時間、起きている間ずっと仕事をしていた時期があった。

全くモテないときがあった。

刑務所に入ったときもあった。

 

彼の自伝を読んでると、その生き方の裏には

数えきれない失敗があります。

 

失敗を恐れず、行動すること。

失敗から教訓を学び、次に生かすこと。

 

これを常人とは比べ物にならないほど

繰り返してきたから、彼らは高みに行けた。

 

 

結局、人生に正解なんてない。

 

誰かが自分の生き方を教えてくれるわけでもない。

だから自分で探すしかない。

 

 

そのためには自ら行動を起こすこと。

 

自分の身体で経験を積み重ねること。

 

それしか成功に近づく方法はないんです。

 

 

行動には痛みが伴う

行動すれば現実は変わる。

 

行動しなければ現実は変わらない。

 

分かっていても。

 

実際に動くことは難しい。

 

いや、でも、そうは言っても。

やらない言い訳が頭の中に湧き出してくる。

 

 

失敗したらどうしよう。

おかしいやつだと思われないか?

周りからバカにされるんじゃないか?

嫌われるんじゃないか?

 

失敗やミスが怖い。周りの目が怖い。

 

だから頭では分かっていても、できない。

 

その気持ちは分かります。

 

誰だって失敗したくない。周りの声が気になる。

 

でも、でもですよ?

 

動かないと何も起きません。

行動しないと何も変わりません。

 

好きな子と付き合いたかったらデートに誘う。

バスケが上手くなりたいんなら新しいプレーに挑戦する。

 

 

それをしなければ確かに失敗はしません。

 

確かにデートを断られるっていう失敗はない。

無難なプレーばっかりしていたらミスは減る。

 

しかし、成功もありません。何も変わりません。

何かを変えるために行動すること。

 

行動には必ず痛みが伴います。

失敗したり、人から笑われたり。

 

でもその痛みこそが自分を成長させてくれるものなんです。

 

そこからどうすればいいかを考えることができる。

行動したことで初めて分かることがある。

 

 

失敗しない方法。痛みを味わわない、楽な方法。

これを追い求めたくなる気持ちは分かります。

 

 

でも、そんなものはないんです。

 

成長、上達というのは行動を起こして、痛みを伴いながら、自分を変えていくということ。

 

いっぱい失敗して、いっぱい傷を作って。

 

そこで味わった痛みこそがあなたを成長させるものなんです。

 

頭の中でウダウダ考えていても何も始まりません。何も変わりません。

 

行動することで初めて現実は

動き始めるんです。

 

JUST DO IT。

(グズグズせずに、やれ。)