バスケで一番スピードが求められるスキル。

 

速攻でのダッシュなどもありますが、そう聞かれれば

 

ドライブ

 

とあなたは答えるのではないでしょうか?

 

では、世界一のスピードを持つウサインボルトの走り方から

スピードを身に着ける方法を学びましょう!

 

 

 

…というのは今回の記事で言いたいことではありません。

(スピードに関してはこちらの記事をご覧ください)

 

今回の記事で言いたいのはボルトの走りの哲学から

 

バスケに必要なスピードは一体どんなものなのか?

 

を学び、ドライブの本質をあなたに伝えることです。

 

この本質を知れば、あなたはドリブルでボールを失う回数が目に見えて減り、

シュートやパスの精度が2倍、3倍になるでしょう。

 

しかし、知らないままだとドライブを仕掛けるたびにボールを奪われ、

抜いた後のシュートが全然決まらない、パスが通らないという

下手な選手のままでずっとバスケを続けていくことになるかもしれません。

 

 

ドライブの本質は速く動こうとしないこと。

 

結論から言いますが、ドライブの本質は速く動こうとしないことです。

 

「お前、いつも身体能力身体能力言ってるじゃねえか!」

「ドライブはスピードが生命線だろ!速くないと抜けないだろうが!」

 

とあなたは思ったかもしれません。

 

ですが、ドライブは速く動こうとしてはいけません。

全力で、フルスピードで、トップスピードでやってはいけません。

 

その理由は2つあります。

 

 

コースに入られたときに盛大にバランスを崩す。

 

こんな経験はないでしょうか?

 

思いっきり、フルスピードでドライブしたとき。

ディフェンスにガッツリコースに入られて、バランスを盛大に崩したこと。

ドリブルを切り返す余裕がなくて相手にボールを取られたこと。

 

なぜ、こんなことが起きてしまうかというと、

ボディバランスをコントロールできないスピードだからです。

 

 

歩いているときと全力で走ってるとき。

段差があって、つまずいたとします。

 

歩いていれば、少しバランスを崩すだけで済みますが。

全力で走っていれば、ものすごい勢いでヘッドスライディングを決めてしまうでしょう。

 

トップスピードでのドライブというのは、

自分の身体をコントロールすることができません。

 

だからディフェンスにバチっとコースに入られたらバランスを崩してしまう。

ヘルプディフェンスが目の前に現れたときに、後ろに下がれない、切り返せない。

 

そしてボールを奪われてしまうんです。

 

 

目隠ししてドライブできますか?

 

もう一つの理由が

 

視野が恐ろしく狭くなってしまうことです。

 

のんびり歩いているときと、新幹線に乗ってるとき。

どちらが周りの景色を見ることができるでしょうか?

 

聞くまでもありませんね。

 

トップスピードのドライブというのは周りが見えなくなります。

言うなら、目隠しして相手ディフェンスに突っ込むのと同じです。

 

周りが見えないからフリーの味方が見えない。

スペースが見えない。

 

ヘルプディフェンスに潰される、無理な体勢でシュートをを打って外す。

パスを捌けばいいのに、見えないからできない。

 

 

自滅ドリブラーになってはいけません!

 

スピードはある。ドリブルスキルもある。

 

しかし、ディフェンスに止められるたびにボールを取られ、

狭いスペースに突っ込み、パスを捌けず、シュートを外しまくる。

 

このようなドリブラーを僕は

 

自滅ドリブラーと呼んでいます。

 

あなたの周りにもいませんか?

 

めっちゃがんばってドライブするけど、コースに入られてボールを取られまくる。

強引にシュートに行って外しまくる。

 

本人は「くっそ!」とか言ってるけど、周りから見たら

「いや、全然惜しくねえから。さっさとパス捌けよ」みたいな…

 

僕も以前は残念な自滅ドリブラーでした…

 

無理やりスピードで抜こうとして止められてターンオーバー。

強引にシュートに行って外しまくる、ヘルプディフェンスに潰されまくる。

 

バスケのドリブルで一番大事なことは

 

  • ボールを奪われないこと。
  • ドリブルの後のシュートやパスにきちんとつなげること。

 

この2つです。

 

 

ウサインボルトの走りの哲学

 

 

スピードを保てばいいのに、さらにスピードを上げようとしている。

大事なことは、トップスピードに乗ったらフォームを保ち、スピードを維持することだ。

 

多くの選手は、トップスピードから、さらに速くなろうとする。

それでは、速度にテクニックが追いつかず、逆に遅くなってしまう。

 

トップスピードに乗ったら、それ以上は速くならない。

 

だからといって「その記録を超えよう」と焦ってはいけない。

 

速く走ることばかり考えて、逆に遅くなる選手はたくさんいる。

速く走ろうなんて考えるな。「自分の走りをすることだけ」を考えたほうがいい。

ウサインボルト

 

 

スピードを出そうとする、速く動こうとするから。

身体、テクニックが追いついてこない。

 

ドライブはスピードが命というのは幻想です。

 

ハーデンやカリー、クリスポールのドライブを見ると

全然早く動いてやろうって感じがしません。

 

相手の動きや反応を見て、駆け引きして、自分のペース・呼吸で崩す。

焦らずに、余裕をもって、自然体で相手を抜いていく。

 

結果、スルスルーっと相手を抜いていけるし、

状況に合わせて最適なプレーを判断することができる。

 

速く動こう、絶対に止められないスピードで抜いてやろう。

トップスピードやフルスピードというのはパフォーマンスを大きく下げます。

 

 

自滅ドリブラーから上手いドリブラーへ。

 

僕はこのことに気づいてから、フルスピードでのドライブを封印しました。

7~8割のスピードしか出していません。

 

しかし、スキルの質や精度は2倍以上になりました。

 

相手に止められても、すぐに切り返してボールを取られないドリブルができる。

周りが見えているから、パスがさばける、無理なシュートが減る。

ヘルプが来た、スペースがないと思ったらすぐに方向を変えれる、後ろに下がれる。

 

ボールを取られる回数やターンオーバーが大幅に減って。

アシスト数やシュート成功率が大幅に向上しました。

 

バスケのドライブ・ドリブルで最も大切なことは。

 

ボールを取られてもいいから、シュートを外してもいいから

フルスピードで突っ込むことではありません。

 

ボールを取られないこと。

シュートやパスに繋がるドリブルをすることです。

 

そのためにはボディバランスをコントロールできるスピード。

周りが見えるスピードを保つこと。

 

トップスピード、フルスピードを出そうとしない。

速く動こうとしない。

 

 

これができれば、自滅ドリブラーにならず。

 

ボールを奪われない、精度の高いパスを出せる、シュートの成功率が上がる。

そんな上手いドリブラーへと変わることができます。

 

 

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。