ウェストブルックのドライブってヤバいですよね。

 

スピード、キレ、ボディバランス、力強さ。

 

ステファンカリーみたいなテクニックを使って抜くって感じじゃなくて。

 

シンプルに身体能力でエグっていくようなドライブ。

 

今回は彼のドライブに近づくためには何をすればいいかを書いていこうと思います。

 

 

ウェストブルックのようなスピードに近づくために

 

彼のドライブの最大の特徴ってやっぱスピードですよね。

 

並外れたスピードとキレでズバズバ抜いていく。

そのスピードに近づくために必要なこと。

 

それは身体を前に進ませるアクセル筋をフルに使えるようになるってことです。

具体的に言うと腸腰筋とハムストリングス。

 

「腸腰筋」の画像検索結果

 

腸腰筋は走るときに後ろに流れた足を前に持ってくる筋肉。

腸腰筋が強いほど、足を大きく、早く前に持って来れるんで、

スピードやキレ、ストライドが大きくなります。

 

「hamusutorinngu...」の画像検索結果

 

ハムストリングスは地面を蹴るときの筋肉なので、ここが使えるようになると

地面からより大きな反発力をもらえるようになる。

 

黒人アスリートは他の人種の3倍腸腰筋が太いっていうデータがあったり。

ハムストリングスも大きく発達しています。

 

だから、爆発的なスピードを生み出すことができるんです。

 

 

アクセル筋をフルに使えるようになるには?

 

じゃあどうすれば腸腰筋やハムストリングスをフルに使えるようになるか?

 

そのためのトレーニングがインターロック、ダンス、坂道ダッシュ、ボックスジャンプになります。

 

これらをすることであなたの身体は確実に進化します。

腸腰筋やハムストリングスをフルに使って動くことを体に覚えこませ、

それらの筋肉を強化するのに最適なので。

 

 

腰がグッと前に入ってヒップアップする感覚。

背中が盛り上がってくる感覚。

 

こういった身体の感覚の変化が感じられれば、身体の動きも変わってきます。

 

 

脚が軽く動く、グングン前に進む。

フワッと浮くようなジャンプ。

 

また、インターロックやダンスは音楽のビートに合わせて、

動きのタメとヒットを繰り返すのでリズム感も身につきます。

 

緩から急のリズムの変化も同時に鍛えられる。

 

 

ウェストブルックのドライブってめっちゃシンプルです。

 

スピードを緩めた状態から爆発的なスピードでまっすぐぶち抜く。

 

そんなドライブに近づきたいなら先ほどのトレーニングで身体能力を上げてください。

身体を進化させてください。

 

 

バスケはあなたの身体を使ってプレーするものです。

 

その身体の性能を上げれば。

 

 

パフォーマンスが上がらないわけありません。

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。