どうやったらシュートが決まるようになりますか?

どうやったら相手を抜けますか?

どうやったらパスがカットされませんか?

どうやったら相手を止めるディフェンスができますか?

どうやったらフリーでボールを貰えますか?

 

そんなこと聞いてる時点で、上達は止まります。

なぜなら、その答えは自分で導くしかないから。

 

あなたにはあなたの個性や強み、弱み、スタイルがある。

 

なのにどっかからパクってきてもそれは何の役にも立たない。

違う血液型の血を輸血しても拒絶反応起こすだけです。

 

 

自分のスタイルは自分で見つける。

バスケの答えは自分で見つける。

自分の身体を使って覚える。

 

 

選手として自立したとき、あなたの上達スピードは

2倍、3倍のスピードに加速していきます。

 

 

バスケは自分で上手くなるしかない

 

バスケは自分で感覚を掴む以外に上手くなる方法はありません。

 

僕もシュートフォームやテクニック、コツ、身体の使い方。

こういった情報はさんざん漁りました。

 

あなたが今やってるようなことは一通り経験しています。

ですが、そのおかげで上手くなったと言えるものは1つもありません。

 

バスケは教わって上手くなるものじゃないから。

 

結局、何回も何十回も何百回もプレーして自分で感覚を掴む。

これ以外に上手くなる方法はないからです。

 

誰かからバスケを教わることが可能なら。

 

上手くなる情報を読んだ選手はみんな驚くべきスピードで上手くなってるはず。

みんながみんな同じフォーム、プレースタイルで結果を出してるはず。

めちゃくちゃ上手い選手で溢れかえってるはず。

 

でも、現実はそうじゃない。

 

 

僕もフォームやテクニックを勉強し、実践してきましたが

それらを頭に入れれば入れるほど、体は動かなくなっていきました。

ギクシャクした動き、不自然な動きになる。

 

膝を曲げる角度はこのくらいで、ボールを構える位置はこのくらいで、

って考えながらシュート打てますか?

 

一歩目の大きさとか、膝を抜きながらとか、このフェイントを使って、

みたいにいちいち意識しながらスムーズな動きができますか?

 

また、バスケでは相手の動き、味方の動きがランダムかつ複雑に

電光石火のスピードで変化していきます。

 

ここにパス出したら、味方にスクリーンに行って、逆サイドに切れて…

ドライブで切り込んだら、ヘルプが来るからそこにパスを出して…

 

みたいにあらかじめ頭で考えていた通りに味方も相手も動くことはありません。

コートの状況に合わせて、どこに動くかやどのプレーを選択するかを一瞬で決めなければならない。

その思考スピードがプレースピードに追い付くはずがない。

 

クロスオーバー使って相手を抜こうって意識すると、パスやシュートが見えなくなります。

インサイドにパスを入れたら逆サイドに切れるっていうのを意識していると

マークマンがヘルプに行ってその場でボールを受け取ればいいのに無駄な動きを生みます。

 

バスケは理屈じゃないんです。感覚なんです。

こうしよう、とか、こうすればああなる、みたいに思考や理屈が

プレースピードを落とし、体のスムーズな動きを阻害します。

 

バスケが上手い選手はただ周りよりもバスケをやってきた。

その中で感覚を掴んできた。

 

それだけです。

 

バスケが下手な選手ほど上手くなるためのコツやテクニックに詳しいです。

上手い選手ほど、「どうやってプレーしてるの?」って聞いても

「何も意識してないよ。ただプレーしてるだけだよ」って答えが返ってきます。

 

 

あなたはバスケが上手くなるための知識はいっぱいあるけど

コートでは何もできない知的なバカになってませんか?

 

どうすれば上手くなれるんですか?シュートが決まりますか?

相手を抜けますか?カットされないパスを出せますか?

 

みたいに自分の頭を使わない、自分の身体で覚えない。

何かが自分を上手くさせてくれる。それを知って実践すれば上手くなれる。

 

こんな依存マインドの人間ほど、情報や知識に逆に殺されています。

頭の中がグチャグチャになり、身体が動かなくなり、プレースピードについていけません。

 

バスケは教えてもらえば上手くなれると考えている奴ほど下手なんです。

 

 

バスケが上手い選手は自分の頭と身体を使っています。

自立しています。

 

何をすれば上手くなれるか?今のプレーは何がダメだったのか?

自分は何をすれば一番いいパフォーマンスが発揮できるのかを自分で見つけます。

 

そしてウダウダ悩まず、実践を積み重ねます。

その中で上手くプレーするための感覚を磨きます。

 

バスケが上手いやつってバスケのサイトとか本、ほとんど見てませんから。

どうやったら上手くなれますか?って本とかパソコンにかじりついても上手くなれませんよ?

そんな暇あったら体育館行って実際にバスケしたほうが100倍上手くなります。

 

 

あなたはバスケの知識はたくさんあるけど、下手な選手。

知識は豊富ではないけど、コートでは上手い選手。

 

どちらになりたいですか?

 

もし、上手い選手になりたいなら自立してください。

 

自分のスタイルや勝つための方法は自分で見つける。

とにかく実戦を繰り返して理屈じゃなくて感覚を磨いてください。

 

そうすれば上手くなります。

 

 

おれはジョーダンにも、マジックにもなりたくない。

 

誰にもなりたくない。

 

そういったのはアイバーソンですが。

 

一流のアスリートの多くは誰かの真似と言われること、

誰かと比較されることを毛嫌いしています。

 

それだけ確固たる「自分」を持ってますし。

自分の強みや弱み、スタイルを誰よりも理解しているんです。

 

誰かと同じなんてウンザリだぜ!

 

ネイマールも似たような言葉を残してます。

 

”僕には自分のスタイルがある。

人の真似はしないし、誰かに似ようとも思わない”

 

 

バスケを教わろうとする。

それは誰かの真似をする。誰かが言ったことを真似する。

 

それじゃダメ。

 

あなたにしかできないプレーやスタイルを確立する。

自分のプレーは自分でクリエイトする。

 

オリジナリティ、アイデンティティがない選手は結局、

上手くもなれないし、誰かの二番煎じで終わります。

 

NBAのスーパースターは全員オリジナル。

誰も真似できない、その選手にしかできない。

 

誰かの真似をしようとすると、その誰かに潰されますよ?

 

為末選手は伊東選手の走りのフォーム真似しようとして自分の走りが

大きく崩れたと言っています。

 

僕もデリックローズやウェストブルックの真似をしようとして、

突っ込みまくってブロックされまくる、ボール取られまくる自滅ドリブラーに

なってしまっていた時期があります。

 

これはバスケを教わろうとするときにも起こります。

 

こうすれば上手くなれる、シュートが入る、相手を抜ける。

これってそれを言った人の真似をするってことですから。

 

自分の感覚じゃなくて、誰かが言ったことをそのままやっても。

 

あなたのプレースタイルに合わなかったり。

試合で言われたことや教えられたことがそのまま当てはまるわけないじゃないですか?

敵の動き、味方の動きは毎回違うんですから。

 

教わったことを実践しようとすればするほど、

あなたの感覚や直感、持ち味が死んでいきます。

 

教えられたことや言われたことをそのままやっても意味ないんです。

 

コートの状況に合わせて瞬間的に自分で最適なプレーをクリエイトする力。

これがバスケに必要な能力であり、それは自分で見つけるしかないし、

教えられるものではありません。

 

 

選手として自立しろ

 

そもそも誰かに教わらないと上手くなれないって考え方がおかしい。

 

え、自分じゃ何もできないの?

言われたことしかできないの?

上手くいかなかったら、全部人に聞いて解決しようとするの?

誰かの知識や力を借りないと上手くなれないの?

 

それ、大人になっても

 

「ママー!ボタン止めてー!歯あ磨いてー!」

 

って言ってるのと同じだから。

 

 

確かに分からないことやできないことがあれば聞く、調べるというのは大事。

でも、そこから自分の頭で考え、自分なりに答えを導く。

そこをすっ飛ばしたら何の意味もない。

 

そして、最後は自分の力で上手くなるための答えを出せるようにならないといけない。

 

どうやったら上手くなれますか?

 

そんなことは本来聞いても意味ない。

自分で上手くなるしかないんだから。

 

僕が分かりやすいテクニックやコツを書かないのは。

 

あなたが自分自身の力で上手くなっていくための力をつけてほしいから。

 

偉大な投資家の一人、ジムロジャーズはこう言ってます。

 

私の言うことに耳を貸さないでほしい。

あなた自身が知っていることをひたすら追い続けることが成功の近道なのだから。

 

 

多くの人はネット上や書籍に答えがあると思ってる。

 

けど、それらは答えじゃなくてきっかけにしか過ぎない。

 

自分と向き合い、行動することでしか結果にはつながらないから。

どこかからパクってきた借り物に頼っても、それは本当の力にならない。

 

 

平凡な先生と優れた先生

 

『平凡な先生は話す. 良い先生は説明する.

優れた先生はやって見せる.偉大な先生は火をともす』

 

バスケサイトや本を数えきれないくらい読んできたけど。

 

偉大な先生と言える人はこれまで一人もいなかった。

 

ただ、こうすればバスケが上手くなれるって言うテクニックやコツを

話す、説明するだけの平凡~良いくらいのレベルの情報発信者。

 

自分がやってみせることはできる優れた教師だが、それを教わる側のほうが

再現できない・上達を感じることができない優れたレベルの情発信者。

 

 

僕はあなたのバスケを変える偉大な先生になりたい。

あなたの心に火をともす先生でありたい。

 

心に火がともるってことはバスケで言うと上手くなれたって実感すること。

 

おれでも上手くなれる。

周りの奴よりも上手くなってる。

自分の力で上手くなり続けることができる。

 

確かに僕はプロではないし、実績があるわけじゃない。

ただ発信している情報は、屁理屈なしでガチであなたのバスケを

大きく変えるものを発信していると自負しています。

 

 

使えない机上の空論を話すだけ、説明するだけの

平凡・良いレベル止まりの先生。

 

自分はやって見せることができるくらい上手いけど、

受け手に劇的な変化を感じさせることができない優れたレベル止まりの先生。

 

選手を自立させられない、教わらないと上手くなれないままにしておく先生。

 

そんな先生は必要ない。

 

僕が発信しているバスケが上手くなるための情報は。

 

あなたを選手として自立させます。

誰にも頼らず自力で上手くなり続けるための情報です。

 

シュートフォームとかテクニックなんて教えてないし。

いつも自分の頭で考えろ、体で覚えろ、依存するなって言ってます。

 

そうやって自立すること、自分の力でバスケが上手くなること。

それが一番早くバスケが上手くなれるし、そんな情報を伝えることに価値があると思ってます。

 

魚の釣り方教えずに、魚だけ与えて自分がいないと飢え死にさせるような。

読んでいる人を依存させるような人間にはなりたくない。

 

 

独立してください

 

バスケが上手くなりたいのなら、自立することです。

自分で答えを見つけ、自力・独力でバスケが上手くなるだけの力をつけることです。

 

どうしたらバスケが上手くなれるんですか?

誰かにこの質問をしている限り、バスケは上手くなりません。

 

 

禁句です。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になってからでも、まだまだバスケは上手くなれる。 周りの選手を置き去りにするスピードで上達する「思考」が学べるメルマガ講座。 バスケだけでなく人生も変わります。

注意

健全なコミュニティ運営のため、ふざけた名前・偽名での登録は解除させていただきます。 いいかげんな気持ちで最初から場を荒らすことしか頭にない方の登録をお断りします。 未成年の登録は厳禁です。 登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。