バスケやってたら絶対にミスします。

これはNBA選手でもです。

 

もちろん、ミスを減らすことは大事です。

 

あなたもミスをするたびに、今のはこうしたほうが良かった、ああしたほうが良かった。

これ以上ミスをしてはいけない。

 

そんなふうに考えてませんか?

 

しかし、ミスをしないようにと意識すればするほど、ミスは増えます。

 

それはなぜかというとプレーがロックされてしまうからです。

 

考えてはいけない

 

高いパフォーマンスを発揮するために重要なポイント。

 

それは考えないことです。

 

バスケでは全く同じ状況というのは二度とありません。

プレーごとにコートの状況というのはランダムかつ複雑に変化します。

 

例えば、ドライブからシュートに行ってブロックされたとしましょう。

 

ここで「今のはパスを出したほうが良かった」と考えてしまうと。

次にドライブするときにブロックされたことが頭をよぎります。

パスをしなければならない、と迷いが生まれてしまいます。

 

すると、相手がブロックに来ていないのにも関わらず。

パスを出してしまう確率が高くなります。

自分でそのままシュートに行ったほうがいいのに。

 

ブロックされて、「今度はミスをしてはいけない」という迷いが更にミスを生むのです。

 

バスケで重要なのは、その瞬間に最適なプレーを判断すること。

これは一瞬なので頭で考えている暇はありません。

 

あ、ブロックに来たからパスだ、来ないからシュートだ、などと考えている余裕はないのです。

反射的、瞬間的に、考えるよりも先に身体が動く。

無意識・直感レベルでプレーしなければコートの変化に対応することができないのです。

 

しかし、ミスを減らそうと考えれば考えるほど。

 

「こうしなければならない」という思考に捉われ、迷いが生まれ、余計ミスをしてしまうのです。

 

 

ミスを減らす方法

 

では、どうすればミスを減らすことができるのか?

 

答えは簡単。

 

ただ、目の前のプレーに集中すればいいのです。

 

そうすれば勝手にミスは減っていきます。

 

バスケのスキルの習得には時間がかかります。

一度や二度、経験したからと言って、すぐに上手くプレーできるようにはならない。

何回も、何十回もミスをしてはじめて出来るようになります。

 

ミスが減る、できなかったプレーができるようになるためには。

身体で覚えるしかありません。

 

車の免許を取ったことがある人は分かると思いますが。

いくらアクセルの踏み方やハンドルの回し方を頭に入れたところで、すぐ運転できるようにはなりません。

しかし、何度も乗っていくうちに身体が覚えてきて何も考えなくても運転できるようになります。

 

バスケのスキルもこれと一緒。

身体が覚えるまでプレーをくり返すということです。

 

僕は今のスキルを身に着けるまでに10年くらいはかかってますし。

これまで何度もシュートを叩かれ、パスをカットされ、ドリブルを止められてきました。

同じミスを何度も繰り返してきました。

 

だからこそ、どうすればプレーすればいいかを身体が覚えています。

 

もちろん、今もミスを繰り返しますし、できないプレーもあります。

しかし、そのミスを引きずることはありません。

 

ミスについて考えれば考えるほど、ミスが逆に増えてしまうし。

何も考えずに目の前のプレーに集中することが最速で上手くなると知っているから。

 

タイガーウッズはミスをしたら10秒で忘れると言っています。

 

バスケで一番重要なのは考えないことです。

目の前のプレーに集中し、無意識・直感に任せてプレーを繰り返すこと。

 

これがあなたのミスを減らし、最大のパフォーマンスを発揮する秘訣です。

 

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。