シュートが入るようになるフォーム。

 

ディップやら、スウィープアンドスウェイやら、1モーションやら。

色んなところでフォームを変えればシュートは入るようになると解説されていますが。

 

そんなものは存在しません。

 

NBA選手を見てください。

 

1モーションの選手もいれば(カリーやハーデン)、2モーションの選手もいます(ジョーダンやコービー)。

ディップをしない選手も(ジノビリとか)、する選手(レイアレンとか)もいます。

スウィープアンドスウェイが大きい選手もいれば(アイザイアトーマスとか)、

小さい選手もいる(ディアンジェロラッセルとか)

利き手側にボールをセットする選手もいれば(カリー)、非利き手側にセットする選手もいる(デュラント)

 

彼らのシュートフォームはバラバラです。

 

更に同じ選手であっても、状況によってフォームが変わることもあります。

例えばジョーダンはフェイダウェイの時はジャンプの頂点で打ちますが、

スリーのとき1モーション気味に打つことが多い。

 

彼らは自分で自分が一番打ちやすいフォーム、シュートが入るフォームを見つけているのです。

そして同じ選手であってもフォームはシチュエーションによって変わってくるのです。

 

だから、シュートが入るようになるフォームは存在しません。

 

 

フォームを意識しながら身体がスムーズに動きますか?

 

シュートを打つタイミングはジャンプの直後。

ボールは利き手側にセットして。

キャッチしたらボールを下げて。

真上じゃなくて前に跳んで、打ち終わったら下がる。

 

では、これらをすべて意識しながらシュートを打ってみましょう!

 

できますか?

 

僕もフォームを意識しながらシュートを打っていた時期がありましたが。

 

そんなにいっぺんに考えながら打てるか、ボケ!って思いました。

 

身体の自動調整機能に任せること。

自然に出てくる身体の動きに身を任せること。

 

僕はフォームを一切意識せずに、自分の打ちやすいように打つ。

何も考えない。ただボールをリングに入れる。

 

そしたら、シュートが入る確率がかなり上がりました。

 

以前、読者の方からフォームを意識しないようになったら以前よりもシュートが全然入るようになった。

自分の感覚を信じることが極意なんですね!と報告を受けましたが。

 

その通りです。

 

フォームのことをいちいち考えながら、身体がスムーズに動くはずがないのです。

 

それなのに、巷ではシュートが入るフォームというのは細かく解説されています。

それを信じた人は自分の感覚が分からなくなり、どうやってシュートを打てば入るんだ!という

永遠に続く迷宮に足を踏み入れてしまいます。

 

 

フォームを変える落とし穴

 

しかし、厄介なことに。

 

フォームを変えれば、一時的にシュートの確率が上がるということがあります。

 

2モーションから1モーションに変えたら入るようになった。

ボールをセットする位置を変えたら入るようになった。

スウィープアンドスウェイを意識したら入るようになった。

 

しかし、これは一時的なもので長くは続きません。

 

1モーションにするとシュートが入るようになった。

そう感じた選手は1モーションだと入るから、リリースタイミングを早めようとします。

ジャンプした直後に打つ。

 

すると一時的には力みが取れてシュートが入るようになるかもしれません。

しかし、ボールをリングに入れることではなく、速く打つことに集中しているので

集中するポイントがズレて最終的にはまたシュートが入らなくなります。

 

力まずに打ったらシュートが入る。そう感じた選手はもっと力を抜こうと考えてしまいます。

すると、それを続けているうちにどれだけ力を抜いたらいいか分からなくなります。

 

スウィープアンドスウェイを意識すればシュートが入る。

すると、シュートを打つことではなくスウィープアンドスウェイをすることが目的になってしまいます。

 

 

お気づきでしょうか?

 

身体の一部分を意識してしまうと、全体が崩れるのです。

 

普通車のタイヤを1つだけ自転車のタイヤにしたり、大型トラックのタイヤに変えるようなもの。

まっすぐ走れるわけがありません。

 

それで一時的にはシュートが入るようになることもあります。

 

しかし、最終的にはシュートは入らなくなります。

 

 

あなたのシュート力を上げる方法

 

それはフォームのことは一切意識せず、ただシュートを打つことです。

無意識、自動的に出てくる動きに身を任せて自然にシュートを打てばいいんです。

それがあなたにとって最上のフォームなんですから。

 

何も考えずにシュートを打つ。

 

シンプルです。いちいちフォームのことを考えるから、余計シュートが入らなくなります。

 

僕は普通にミドルもスリーもそこそこ決めます。

調子がいい日は周りからメッチャ入るやんって言われます。

 

けど、それはフォームを変えたからではありません。

 

何も考えずに、打ちやすいフォームでシュートを打ち続けてきた。

 

本当にこれだけです。

 

もし、あなたがこれまでどれだけフォームを変えてもシュートが入るようにならないと言うのなら。

 

今すぐやめてください。

フォームを意識することシュートが入らない原因なんですから。

 

フォームを意識している限り、あなたは迷宮に入り込み、出てこれなくなります。

いつまでもシュートが入るフォームという存在しないものを追いかけ、

シュートが入るようにならないまま消耗します。

 

 

一回、これまでに学んできたフォームの常識を全て捨ててください。

あなたが一番打ちやすいように、ただボールをリングに入れることに集中してください。

 

 

それがあなたにとって一番入る最強のシュートフォームです。

 

 

 

  これまでのバスケの常識は間違っていた!あなたが知らなかった全く新しいバスケの世界がここに。 1ミリも上達に繋がらない無駄な練習方法・上達法とはサヨウナラ。 本質を突いた上達ノウハウであなたのパフォーマンスを上げまくります。 バスケを通して人生を100倍楽しく、刺激的にするコミュニティ。今すぐ、ご登録を。

  登録後、すぐに一通目のメールが届きます。 届かない場合、迷惑メールに振り分けられている 可能性がありますのでご確認ください。